【Memory of 『N』】第二話 ゾロア Part4

N「…ない、ない。…ボイドキューブが、ない。」

Nは、探した。ボイドキューブがないのだ。

勉強部屋も、食堂も、自分の部屋も、廊下も、隅から隅まで、
探しつくした。

それでも見つからないのだ。

いつ自分がボイドキューブを落としたか、それはわからない。
けど、ないものはないのだ。
確実に、どこかで落としたのだ。
…でなければ、就寝時間ぎりぎりまで、人の目を忍んでものを探すようなことはしない。
今は、暗い自分の部屋を探している。おもちゃ箱の中も、全て探したのに…。

N「どうしよう…。」

途方に暮れて、うずくまり、涙を流す。
どうしたらいいのか、わからなかった。
あれだけは、あのボイドキューブだけは、なくしちゃ、なくしたくなかったんだ…。

??「おらが一緒に探してやろうか?」


N「…え?」

…そのとき、また、あの声が聞こえた。
お昼ご飯の前に聞いた、あの声が、また聞こえた。
N「…君は、君は誰だい?」

??「ヒヒヒヒ!!おいらの正体が気になるかい?それじゃあ、見せてあげるよ!」

そういうと、部屋の隅から人が歩く音が聞こえた。
そちらのほうに目を凝らし見ていると、誰かがこちらに向かってゆっくり歩いてきているみたいだ。

N「…え、」

そして、その姿を見て僕はびっくりした。

??「ヒヒヒヒヒ!!」

だって、いつもお風呂場とかで見る姿をした人とそっくりな人が、笑いながらこっちに歩いてくるのだから。

??「ヒヒヒヒ!!お前の姿に化けたのは、ちょっと刺激が強かったかもな。」

それはそういうと、宙返りをした。
そうしたらそれは、小さい黒い4本足の生き物に、姿を変えていた。
赤いつんと立った毛。
マフラーみたいな黒い毛。
空のような青い目。
そして、黒くてふさふさしたしっぽ。
…このような生き物は、この世界では…。

N「…もしかして、君は、ポケモン?」

絵本でしか見たことのない、聞いたことのない名前を口に出す。
…それしか思い当たる節がなかったからだ。

ゾロア「ヒヒヒヒ!!正解だよ!!おいらの名前は『ゾロア』!!お前、これ、落としたろ?」

そういうと、ゾロアは後ろから、何かを取り出し、それを見せた。

N「…それは、ボイドキューブ!!返して!!僕の宝物!!」

ゾロア「ヒヒヒヒヒ!!返してもいいけどよ、一つだけ条件があるだよ!!」

N「…条件…いったい何なの?」

ゾロア「…何、簡単なことだよ。」

そういうと、ゾロアは笑ってこっちを見ている。

N「…グス、お願いです。それを返してください。それはお父さんから頂いた、大事な宝物なんです…。」

ゾロア「おいおい、泣かないでくれ、別にあんたを泣かすためにこんなことをしているわけじゃないんだ。」

泣いているNの姿を見て、逆にゾロアはたじろいでしまった。
どうやら、本当にそんなつもりはなかったみたいだ。

ゾロア「…俺はこれを、あんたに返す代わりに、代わりに、…友達になってほしかったんだ。」

N「…トモダチ?」

ゾロア「そう。友達だ。」

N「…『トモダチ』って何?」

ゾロア「!!?なんだお前!?友達を知らないのか?友達っていうのはな、一緒に遊んで、一緒に泣いて、一緒に笑って、一緒に楽しんで、ともかく、一緒にいるとココが、暖かくなる存在のことを言うんだ。」

そういいゾロアは、自分の胸に、自分の右前脚を当てた。

N「…ここが?あったかくなる…。」

Nも自分の胸に右手を当ててみた。

ゾロア「そうだ!ここだココ!!そして、友達だとこれをするのが決まりなのだ!!」

そういうとゾロアはNの元に近づき、胸に当ててある右手に自分の右前脚を重ねた。

ゾロア「…本当は、しっかり握り合わないといけないんだけどよ、俺それができないから、これで勘弁な。」

N「これは…なんなの?」

ゾロア「これはな、…『握手』っていうだ。これが、友達の証なんだ。」

N「『握手』…。」

自分と、別の誰かの手が触れ合う、…たったこれだけのことなのに、たったそれだけのことなのに、、、

N「すごく…あったかくて、すごく、安心する…。」

自然とNは、ゾロアの手を握っていた。
とても強く。そのぬくもりを感じるために。

ゾロア「そうだろ。だから、おらと友達になってください。」

N「…うん。僕。君と友達になる。『ゾロア』。僕のトモダチ。」

その一声を聞いて、ゾロアの顔に笑顔が咲いた。

ゾロア「よろしくな。N。」

二人はもう一度、強く握手をした。
お互いにトモダチだということを、確認するために。

…この日、僕にとって初めてトモダチができた日となった。…

…第二話 ゾロア END
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR