【Memory of 『N』】第三話 遊戯 Part2

N「…ここが、ゾロアの言っていた森…。」

Nの住んでいる洋館から歩き、裏手の道を少し歩くとある、森。
いつもは窓の外からしか見なかったそれは、まじかでみるととても巨大だった。
木の一本一本が、動き出せば、自分を押しつぶすことが簡単に見える。
それだけ大きかった。
そんな森の中に、よく見ればわかるような、小さなけもの道があった。
けもの道の奥は、昼だというのに暗さを孕んでいた。
その奥からは、何かの声のようなものが聞こえてくるような、そんな感じがした。

…そしてその雰囲気は、初めて自分の意志で外の世界に出てみようとする子供を退けるには、十分すぎた。

N「…。」

その今まで体感したことのない、異様な雰囲気から、一歩を踏み出せない。
踏み出してしまったら、何か恐ろしいことがあるような、そんなのをかんじてしまった。

N「…僕の足で、僕の足で進んでいくんだ。」

…そう自分に言い聞かせるようにいい、一歩踏み出した。
N「…暗い。暗いなぁ。…それに、とても歩きづらい。」

わかっていたことだが、歩く道はとても暗かった。そして、踏み固めたような跡はあるが、
雑草や石ころがそこらじゅうにあったため、とても歩きづらかった。
…今まで整備されたグランドや、絨毯の上しかかけたことのない者には、間違えなく歩きづらい道だろう…。

N「~♪」

しかし、楽しかった。
たとえ暗かろうが、歩きづらかろうが、変な音が聞こえてこようが、
それはすべて新鮮で、見たこと、聞いたこと、感じたことがないものであり、
それに触れ合うだけで、とても楽しかった。

N「~♪ハハハ!!ハハハ!!」

思わず笑みがこぼれ、両手を広げ駆け出していた。

N「…この踏みしめる感じも、風の音も!!
空気の味も!!獣のにおいも!!
全てが、全てが!!
素晴らしい!!」

そう言いながら、さらに早く、飛び駆け回っていた。
どんどん森の暗いところに進んでいくが、それでも歩みは加速していった。

N「ゾロアは、こんなにも新鮮なものを毎日味わっていたのか!!
すごい!!すごいぞ!!」

Nは、そこら辺の雑草としか思えないものでも手に取り、
しげしげと、それを触った。

N「…すごい、こんなちいさいものでも、生きているんだ!!
それが集まったもの、、、それが森なんだ!!
アイとヘイワは、森は危険がいっぱいあるって言っていたけど、
こんなに素晴らしいものに満ち溢れているじゃないか!!
つぅ!!?」

痛みが走ったほうを見てみると、右手の薬指から血が流れていた。
自分が触っていた草で、指を切ったみたいだった。
…しかし今まで一度も指を切ったことのないNには、
不思議な感じだった。

N「…う!?…なんだこの味…。」

思わず、自分の右薬指を反射的に舐めた。
そして、初めて感じる血の味に、とても驚いた。

N「…止まらないな。これ。どうしよう。」

とりあえず、それを舐め続ける。
しかし、血は止まらず、血が流れるところからでる変な感じも止まらない。

N「…怖い。なんだか、無性に。
怖い。…なんなんだろう。この感じは…。

自分が感じたことのない感覚に、今までの楽しかった気持ちはどこかに飛んでいき、
心の中は不安な気持ちしかなかった。

N「…ゾロア。アイ、ヘイワ…。」

今のNには、どうすればこの気持ちが抑えられるか、鎮めることができるか、
本当にわからなかった。

N「…誰か、助けてください。」

思わずそんなことをつぶやき、その場にうずくまる。
涙も止まらなくなる。

N「…うぅ。」

??「大丈夫?坊や?」

N「!!?」

その時、そんな声が突然聞こえた。

??「やめなよ、メズー。どこから来たのかわからない人間の子に構うなんて。」

??「こんなつらそうな子を、ここにほおっておくなんて私にはできないわ。オーズ。」

急に聞こえたその声に、周りをキョロキョロ見渡す。

N「…コロモリ?」

そこにいたのは、絵本とかでしか見たことのない、
ポケットモンスター。
『コロモリ』。
それが二体、空中で羽をはばたかせながら、
一体は心配そうに、一体は困ったように、こちらを見ていた。

…Part2へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR