スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Memory of 『N』】第三話 遊戯 Part3

???「ほら、切ったところ見せて。」

N「!!?」

そういい『メーズ』と言われていたコロモリは、こちらに近づいてきた。

N「…!!」

コロモリの特徴ともいえるハート型の鼻が、Nの切り傷に触れた。
それは傷の治療をしているようだった。

N「…!?」

Nは驚きの連続で、声が出なかった。

メーズ「…今、薬草の汁を塗っているところだから、動かないでね。」

オーズ「よせメーズ。…それに話しかけたって、俺たちの言葉はこいつには通じないぞ。」

N「…?通じないって…、どういうこと?」

メーズ&オーズ「「!!?」」

Nの言ったその一言に、二匹のコロモリは驚きの表情を隠せないようだった。
オーズ「…この坊主、もしかして…。」

メーズ「私たちの言っていることがわかるの?」

二匹のコロモリは、緑髪の怯えている子にただただ驚愕を隠せなかった。

N「…?それが、そんなにおかしいことなの?ゾロアとだって、話せるよ?」

Nは思ったことを素直に伝えることにした。
それで乗り越えられるかもと思ったからだ。

オーズ「…ゾロアって、あの悪がきか…。」

メーズ「…坊や、えっと、、、えっと…。」

二匹のコロモリは、Nが言ったことに、更に驚き続けるしかなかった。

N「…坊やじゃないよ。僕の名前は、『N』って言います。」

メーズ「『N』…。面白い名前ね。私は、メーズ。よろしくね。」

そういうと、傷を治してくれているコロモリが話してくれた。

N「こんにちは、メーズ。…そちらの方は?」

オーズ「…『N』。どこかで聞いたような…。…って俺が呼ばれている!?」

メーズ「そうよ、オーズ。Nに自己紹介して。」

オーズとメーズは仲が良く、会話だけで二匹の仲がとてもいいことがわかるようだった。

オーズ「わかった、わかったよメーズ。俺は『オーズ』っていうんだ。よろしくな。」

N「オーズ…。とてもかっこいい名前だね。よろしくね、オーズ。」

お互いに名前を紹介しあうことで、少しだけ親睦が深まった。
そんな感じがした。

メーズ「…はい。これで大丈夫よ。強くぶつけなければ、傷も開かないと思うし。」

そういい、メーズは治療を終えて、Nのそばを離れた。

N「…わぁ。すごい。」

Nの切り傷が付いたところは、草がうまい具合についており、それは人間の使う絆創膏のようだった。

オーズ「だろ?メーズはそういうところがとってもうまいんだ!!坊主。感謝しろよ?」

オーズはまるで、メーズの良い所が褒められるのが凄い嬉しいような様子だった。

N「うん、ありがとう。メーズ。そしてオーズ。…友達になってくれてありがとう。」

自然と笑顔でそういい、Nは自分の両手を二匹に差し出した。
その行動突然の行動に、二匹のコロモリはきょとんとなってしまった。

N「握手…ていうのを、友達になったらしなきゃいけないんだ。ってゾロアに教わって…。」

メーズ「あら…。…オーズ。」

オーズ「…ふん。まぁ。してもいいんじゃないのか。」

そういい、二匹はNの両手近くに自分の鼻を近づけた。

N「…お鼻を触ればいいの?」

メーズ「そう、私たちはこの鼻であいさつをするの。」

オーズ「丁寧に触れよ。N。」

N「うん。」

そういいNは、両手で二匹のコロモリの鼻を、そっと、優しく触った。

N「…温かい。それにふわっとしている。」

メーズ「…ふふ。」

オーズ「…あー!!もういいだろう!!」

そういいオーズは、ぶっきら棒にそっぽを向いた。

メーズ「オーズったら、恥ずかしがっちゃって。」

オーズ「違うわい!!ったく。」

二匹のコロモリのやり取りは、はたから見ている自分の心まで温まるものだった。

N「これから、よろしくお願いします。」

???「おいお前ら、森の近くで何やっとんだ?」

オーズ&メーズ「「!!?」

N「…ヒヒ、ダルマ?」

声のする方向には、周りの木々に負けないくらいの巨体、
そして森の中では異色の真っ赤な身体を持った、
絵本でしか見たことのないヒヒダルマが、そこにいた。

オーズ「…ショウリンさん…。」

ヒヒダルマ「…その緑髪の坊主はなんだ?
…まぁ、侵入者は、排除せないとあかんな。」

N「…はい…じょ…?」

…Part3へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。