スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Memory of 『N』】第五話 さん Part1

A「走れ!!俺のマッハダッシュ!!最高の速度を見せてやれ!!」

B「唸れ!!俺のダートマグナム!!テクニックなら、負けないぜ!!」

幼稚園児「せんせー、あのひとたち、どーしておなじところを、いったりきたりしてるの?」

先生「…気にしちゃいけませんよ。あの人たちにも、それなりの事情があるはずなんですから。」

3番道路は、今日も自転車で同じところを行ったり来たりするトレーナーで溢れていた。そしてそれは最近では日常茶飯事の描写になり、園児たちもそれを見て、『だれがいちばんはやいか?』『だれがいちばんイケメンか』などを話していた。
 …そんな3番道路を通り過ぎ、サンヨウの公園を抜けると、そこには『サンヨウシティ』が広がっていた。大きなビルが立ち並ぶその街は、シックな感じを持ちながら、どこか暖かい雰囲気を持ち合わせている、そんな街だった。
 そしてそんな街のお昼前の時間に、ブラックは訪れた。




ブラック「デント!お久しぶり!!」

デント「ブラックじゃないか!!お久しぶり!!元気にしていたかい?」

ブラック「お陰様で。これ、新しく考えて作ってみた『マカロン』なんだ!いっぱい作ったから、よかったら皆で食べてください!」

そういい、ブラックは綺麗にラッピングされた箱をデントに見せた。デントはそれを喜んで受け取った。

デント「相変わらず、律儀だねぇ。…しかし、これは凄いねぇ。全部君一人でやったのかい?」

ブラック「そりゃ、もちろんです!」

デント「『何事も完璧であれ!』か、僕にはとても真似できないよ。」

ブラック「それでいいんです。真似するものじゃないです。…それより、時間も押してると思うで、さっそくお願いできますか?」

デント「わかったよ。じゃあ、こちらへどうぞ。」

そういい、デントは店の中へ案内した。
…店と言っても、そこはサンヨウジムだ。普段ジム戦をやらない日はカフェを営業している。デントがその日にあった最高の茶葉を選び、コーンが茶葉とその日にあった最高の水を用意し、ポッドが火を使い最高のお茶を入れる。
それに合う最高の茶菓子を最高のパテシエが作る。そして最高のウエイターが最高のおもてなしをしてそれを振る舞う。それが人気が出ないわけがなかった。今日も11時から営業が忙しくなる中無理を言って、20分だけ対談の時間をとらせてもらったのだ。

ブラック「…それにしても、やっぱり凄いね。このお店は。」

デント「そりゃ勿論!!君の言う完璧に近いものをやろうとしているお店だからね。僕のティスティングも、力が入るよ。」

そうして二人は、『VIP』と書かれた扉をくぐり、四つの椅子と一つの丸い机がある小さな部屋に入った。

デント「まぁ適当にかけてよ。今コーンとポッドを呼んでくるからさ。」

ブラック「ありがとう、デント。」

そういい、デントは外に出て行った。


…しばらくすると、デントは残りの二人を連れて帰ってきた。

コーン「お待たせして、申し訳ない。」

ポッド「すまねぇな。こっちも忙しくて。」

ブラック「いえいえ!こちらこそ、無理言って申し訳ない。」

そういい、全て人が席に着いた。

デント「で、僕たちに聞きたいことって何かな?」

ブラック「うん、…実は、Nのことについてなんだ。」

ポッド「…Nか。懐かしいな。あいつがジムに来たときが。」

コーン「確か、手持ちが『チョロネコ』、『ヨーテリー』、『ミネズミ』で、私たち三人と一人一人戦っていったんですね。」

デント「そうそう。弱点なんか関係ないからそれでいいと思った僕たちは、彼のティスティングの前で敗北してしまったんだ。」

ポッド「いやぁ、凄かったぜあいつ。俺の熱い攻撃を全部華麗によけるんだもんな!」

コーン「それだけではありません。攻撃を放つタイミングの鋭さ、まさにポケモンと心が通っているといえる動きでしたね。」

デント「本当、今までいろんなトレーナーをテイスティングしてきたけれど、あそこまで才能豊かなトレーナーは初めてだよ。」

ブラック「違う違う!そうじゃないんだ!!俺が聞きたいのは!!」

そういいブラックは、三人の話を止めた。話を止められた三人は、キョトンとした顔でブラックを方を見た。

ブラック「君たちが知っている過去のNの話が聞きたいんだ!!君たちがダークトリニティで、Nをずっと監視していただろう?それでNが森が焼けた日から、旅立つまでの、その間を!!」


…Part2へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。