【Memory of 『N』】第五話 さん Part2

…ブラックの口から出た言葉に、三人は話すのを止めた。

ブラック「お願いだ!俺だけでは限界があるんだ!あいつの事をもっと理解しないと、お前たちが知っている過去のことを聞かないと、どうにもならないんだ!!頼む!!」

そういいブラックは机に頭をつけた。
三人が言葉を紡ぐまで、頭を上げるつもりはないようだった。

デント「…ブラック。顔を上げてください。」

デントは席を立ち、そういい顔を下げるブラックに近づいた。

ブラック「…デント。」

そうしてブラックは顔を上げた。
その顔には安堵の表情が浮かび上がっていた。
…しかし、その顔がすぐに絶望の色に変わり、再び机にひれ伏すことになった。

コーン「…。」

いつの間にかコーンがブラックの背後に回り込んでいた。
そしてその両手には、銀色にきらめき、赤く染まったナイフが、握られていた。


ブラック「なん…で?」

ポッド「…口にしちゃいけねぇ言葉を、お前は口にした。…それだけだ。」

コーン「…。」

コーンは静かに、手に持ったナイフを回転させ、そして引き抜いた。

ブラック「!!?」

ブラックはそのまま吐血した。
それをみて、コーンはナイフをふき取り、その紙を捨てた。

デント「…。ブラック。君がどうしてそんなことを知って、そんなことを調べようとしたかは知らない。…だが、それはタブーなんだ。誰にも教えることはできないし、知っているものは口を閉ざし、墓場まで持っていかなければいけない事なんだ。」

デントは静かに、だが思いを抑えるようにそう告げた。

ポッド「…大体、俺たちが『ダークトリニティ』ってこと、なんでお前が知っているんだ?」

コーン「…彼なら、知っていても可笑しくないでしょう。N様との仲もかなり良かったですし。」

二人は顔を伏せるブラックを見て、そうつぶやいた。
しかしその言葉に対してか、ブラックは反応した。

ブラック「…教えろ。あの間に、何があった…。」

そんな状況になっても、ブラックは求めた。真相を。何があったのかを。

ポッド「…。」

コーン「…。」

デント「…わかった。どうせ墓場に行くものだ。…せめて、逝く前ぐらい少し知っても問題ないだろう。」

ブラックの言葉に対する返信に、二人は驚かずにはいられなかった。

ポッド「おいデント!!そりゃまずいだろう!!」

コーン「…よいこととは思えませんね。デント。」

二人の冷たい視線とその言葉を聞いて、デントは少し寂しそうな顔をして、言った。

デント「…わかっている。…だけど、言わせてくれないか。」

ポッド「そんなこといいわけっ!!」

それをポッドが制し、言葉をつなげた。

コーン「…デント、君とブラックの関係を考えると、君がそうしたいのはわかる。…君たちの友情は、本物だったから。」

デント「…。」

デントは、遠い日を思い出すような、そんな顔でコーンを見た。

コーン「…君が彼に初めてバッジを渡したトレーナー。それを差し引いても駄目だ。」

デントの思いがあっても、覆せないものがあった。それを静かにコーンは悟らせた。

デント「…。わかった。」

コーンのどこまでも冷たい目の前に、デントは口を黙らせるしかなかった。

デント「…ごめん。」

デントは下を向いて、そう呟いた。そしてブラックに近づき、自分の上着をかぶせた。

デント「…ごめん、ごめん。ブラック。」

ブラック「…。」

…ブラックはもう喋らなかった。しかし心なしかその顔は、笑っているように見えた。
そして振り返った時には、泣き顔の彼は存在しなかった。

デント「今すぐこの場を片づけて、何事もなく営業を再開するぞ。」

ポッド「…それこそデントだぜ!!」

コーン「了解。」

そういい、3人はいつも通り、手際よく動き出した。


…Part3へ続く?
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR