【Memory of 『N』】第五話 さん Part3

ブラック「…やはり、君たちは凄い。…だが、完璧にはなれないね。」

デント&ポップ&コーン「「「!!?」」」

その声に、三人は驚いた。
…確かに、ブラックはここに倒れている。…倒れているのだ。しかし、そんな彼が喋れるわけがない。

コーン「…バカな。確かに、確かにしたはずだ!!」

ブラック「『何事にも完璧であれ。』…それが家の家訓でね。」

そういい、扉を開けてブラックが入ってきた。


ブラック「…下手に動かない方がいい。この部屋には俺のバチュル達が『エレキネット』を張った。いくら鍛えられた君たちだからって、ただでは済まないだろう。」

そう宣言し、ブラックは三人を見た。その姿はいつもテレビで映っているものとは別人のオーラを放っていた。…完全に、戦うものの目だった。

ブラック「メタタ。ご苦労。戻ってくれ。」

そういいハイパーボールをかざし、机でうつ伏せになっているブラックを、ボールに戻した。

ポッド「…そいつは一体、なんなんだ!?」

ブラック「…メタモンという、変身に特化ポケモンだ。こいつはその中でもほぼ完璧にそのもの内面までコピーでき、人をいとも容易く騙すことにたけている、突然変異種だ。」

コーン「…ぐぅ!!」

コーンは腰のモンスターボールを取ろうとしたが、その手の動きを止めた。
その手には、よく見るとわかる細い糸が既に絡まっていて、電流が流れていた。

ブラック「…警告はしたはずだ。コーン。」

コーン「…やれやれ。流石過ぎて何も言えませんよ。」

ポッド「こらぁ!!なんで俺だけぐるぐる巻きなんだよ!!」

ブラック「…正直、ポッドが一番何をするか分からないから、拘束させてもらった。ちなみにこの糸を燃やそうと考えない方がいい。燃やすと君自身が大炎上するほど、この糸は燃えやすい。それに、既にメタタがこの部屋に入ってから、それに隠れて侵入したバチュル達がこの中を撮影している。…君たちが僕に何をしようとしたか、既に言い逃れできない証拠を僕は持っている。」

ポッド「それじゃあ…俺たちは何もできねえじゃねぇか…!?」

周りをよく見ると、既にいくつものエレキネットが張られているのがわかった。そしてその一つ一つが、確実に三人が動こうとすると、それを阻害するように配置されているのがわかった。

デント「…『何事も完璧であれ』やはり僕には、真似できないよ。ブラック。」

デントは、思わず苦笑した。

ブラック「…真似しない方がいい。辛いだけだから。」

ブラックは悲しそうな顔で、そういった。二人は目を合わし、再びブラックが口を開いた。

ブラック「…こちらの要件は、森が焼ける事件が起きてから、僕とNが初めて会うまでにNに起きたことを、教えてもらうことだ。」

デント「…じゃあこっちの要件は、情報の提供の代わりに、僕たちの安全の確保、それと今とった映像、音声等の全ての抹消かな。」

ブラック「…あぁ。それでいい。」

そういい、お互いに了承した。

コーン「…デント。…いや、今回は仕方ないですね。」

デント「すまないがコーン、ポッド。僕は営業に回れそうにない。だから、君たちだけでなんとか回してくれないか?…僕はこの後、話さないといけないから。」

ブラック「…じゃあ、先に二人を解放する。デントと俺はこの部屋に残り、話をする。それでいく。」

そういうと、ポッドとコーンを縛っていた糸はほどけていた。

ポッド「っと!!…ふぅ。これでやっと自由に動けるぜ!!…お前、デントに何かしたら、ただじゃおかないからな!!」

コーン「…かないませんね。貴方には。」

そういいながら、二人は部屋から出て行った。
そして部屋には、デントとブラックだけが残された。

ブラック「…。」

…しばらく沈黙が流れた。

デント「…。それにしても、これでは椅子に座ることもできない。…すまないけど、糸をほどいてくれないか?」

ブラック「…。わかった。」

そういうと、ブラックはデントにかかってる糸をほどいた。

ブラック「…さぁ。これで動けるだろう。席に座って。話そう。」

そういい、ブラックは席に座った。しかし、デントは顔を下に向けたまま、上げようとしない。

ブラック「…。どうした?デント?」

デント「…この時を、待っていた。しねぇ!!ブラック!!」

そういい、ブラックにデントは飛びかかった。


…Part3へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR