スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Memory of 『N』】第六話 いし Part3

N「…ウルガモス。」

下っ端「はい!!こちらです!!N様!助けてください!!」

N「わかった。私が向かおう。」

ヤスオ「待った待った!!」

ウルガモスの元に向かおうとする二人を、ヤスオは呼び止めた。

ヤスオ「N様!!あの程度のポケモン、私が沈静化して見せましょう!!」

自信満々な顔でNの前に立ちふさがり、モンスターボールを見せた。

N「…わかった。やってみろ。」

ヤスオ「ありがとうございます!!よし!!下っ端!!いくぞ!!」

下っ端「え?あっはい!!」

そう言うと二人は、足早に先に進んでいくのであった。



N「…。」

Nも二人が言った後、二人が向かった作業チームAの所へ向かおうと足を進めた。
…そしてそこに待っていたのは、悲惨な光景だった。

ヤスオ「ば、バカな!!『プラスパワー』を6個は与えた私のポケモンが、歯が立たないだと!?」

下っ端1「助けてくれぇ!!」

下っ端2「にげろぉ!!にげろぉ!!」

N「…あれが、ここのウルガモス…。」

ウルガモス「ぷぎぃいいいいいいいいいいい!!!」

周りは所々炎で燃え上っていて、作業していたプラズマ団はそこらじゅうに飛散していた。そしてヤスオはあっさりと破れ、ポケモンも戻しただ棒立ちしていた。

N「…やはりな。仕方ない。」

そういいNは再び歩き出した。ウルガモスに向かって。

ウルガモス「ぷぎぃいいいいいいい!!!」

ウルガモスはNを見るやいなや、その羽から火の粉を撒き散らし、その力を遺憾なく発揮していた。だれもそこに近づけない。今この作業場は完全にウルガモスに支配されていた。

ヤスオ「N様!!危険です!!お戻りください!!…ああ!!行ってしまわれた…。」

ダークト「…お前は黙っていろ。お前がちょっかいを出すと、逆に危ない。」

ヤスオ「はい…ってええ!!ダークトリニティ!!?」

知らぬ間にダークトリニティまでもこの現場に現れた。そして、この場を蹂躙するウルガモスにただ一人向かうNを、ヤスオはもちろん、皆は見守ることしかできなかった。

N「…ウルガモス。見えるかい。僕の姿が。」

ウルガ「…。」

ウルガモスとNは向かい合った。そしてお互いに目を合わせあっていた。

N「…そうか。そういうことか。わかったよ。」

ウルガ「…ぷぎぃ。」

ヤスオ「…あの二人は、一体何を話しているのだ!?」

ダークト「…N様は、ポケモンと会話できる力がある。…それぐらいお前でも知っているだろう?」

ヤスオ「も、勿論ですとも!!やだなぁ。ハハハハ!!」

そんな話をしている二人を余所に、Nとウルガモスは話を続けていた。

N「…そこは僕がしめる。そんなことは絶対にさせない。…僕には、それだけの力がある。」

ウルガモス「…。」

バッサバッサ

N「!?…そんな力があるのか。もう一つのあれには。」

ウルガモス「…。」

N「…わかった。そういうことには絶対にしない。約束しよう。このプラズマ団のNが。必ず。」

ウルガモス「…。」

Nは自分の胸に手を当て、ウルガモスを真っ直ぐにみた。
それをじっと凝視したウルガモスは少し考えるように羽ばたき、そして、ゆっくりと、その場から去って行った。

N「…ふぅ。」

ヤスオ「N様!!大丈夫ですか!?」

ウルガモスが去った後、ヤスオが物凄い勢いでこっちに走ってきた。

N「大丈夫だ。…それより、お前がここで発掘していたものを、実際に見せてみろ。」

ヤスオ「え!!?あ、はい。わかりました。こちらです。」

その一言で本来の目的を思い出したヤスオは、Nを目的の採掘現場へ連れて行くのであった。

ヤスオ「…こちらになります。『大羽』『大蓋』と違い、これは後研究所に輸送するだけになります。」

Nはその紹介されたものを見た。
…その巨体、その力強さ、その形状。全てを見て理解した瞬間、思わずつぶやいた。

N「…なんという美しい力強さ。これがゲ…、いや、なんでもない。」


…Part4へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【Memory of 『N』】第六話 いし Part3】

N「…ウルガモス。」下っ端「はい!!こちらです!!N様!助けてください!!」N「わかった。私が向かおう。」ヤスオ「待った待った!!」ウルガモスの元に向かおうとする二人を、ヤスオは呼び止めた。ヤスオ「N様!!あの程度のポケモン、私が沈静化して見せましょう...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。