スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王Ring】第十話 かわりゆくもの Part3

前回までに出来上がった場
~~~~~~~~~~
遊介30 LP6500
 場

グリーン・ガジェット 攻 1400
オシリスの天空竜   攻 3000(手札三枚)

血の代償
--------------------
遊斗40 LP8000
 場

クリッター      攻 1000

~~~~~~~~~~
ターン:遊介社長のメインフェイズ1



遊介30「まだまだ終わらないよ!!再び、ライフを払い、場にガジェットを3体そろえる!!」

遊介社長LP6500-500-500-500=5000

そう言い、遊介社長は再びライフを払い、場に三色ガジェットをそろえた!!

遊斗40「相手の場には、オシリスと、『グリーン・ガジェット』、それと三色ガジェット…。まさか…。」

遊介20「そして俺は、『グリーン・ガジェット』二体と、『レッド・ガジェット』をリリースして、二体目の神!!『ラーの翼神竜』を召喚する!!」
遊介社長LP5000-500=4500

遊斗40「おいおい、これってまさか…。」

再び天空をわり、大空から金色の球体が降臨した。

遊介20「くぇRちゅいおぱSDFGHJKLZXCVBんM、……。」

遊斗40「でたぁ!!ゴリラ語!!」

遊介社長の謎呪文に呼応し、黄金の球体は光を放ちながら大きな翼竜へと姿を変えた!!

ラーの翼神竜→攻撃力0

遊斗40「ってあれ?攻撃力は0?リリースしたモンスターの攻撃力吸収効果は?」

しかし遊斗の言うとおり、ここまでの手を加えたのに、出てきたのは攻撃力0の貧弱な神様だった…。原作では、モンスターをリリースして召喚したときその攻撃力を吸収する能力があったはずでは!?

遊介20「…遊斗君!!」

遊斗40「は、はい!?」

その遊斗の一言に反応し、遊介社長は声を荒げた。

遊介20「…世の中には、触れていい事と、触れちゃいけない事があるんだよ!!…これに関しては、わが社でも全力を挙げて何とかしようとしたのだが、…ダメだったのだよ…。」

その残念そうな顔、失望したような声、今の遊介社長の態度に、全てが込められていた。
…遊斗は悟った。…これこそ、遊戯王界に存在する、矛盾。
調整を誤って、原作ファンの期待を裏切って生まれてしまった、残念な存在。
もはやエラッタなどでどうにかなるものではない。
…このカードの存在自体をなかったことにして、新しいカードとして誕生をさせなければ、このカードに満足する人は…現れない。


~~~~~~~~~~~
ラーの翼神竜
効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻 ?/守 ?
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、自分フィールド上の
モンスター3体をリリースして召喚しなければならない。
このカードの召喚は無効化されない。
このカードが召喚に成功した時、このカード以外の
魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。
このカードが召喚に成功した時、ライフポイントを
100ポイントになるように払う事で、
このカードの攻撃力・守備力は払った数値分アップする。
また、1000ライフポイントを払う事で
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。
~~~~~~~~~~~~

遊斗40「…。」
改めてラーのテキストを呼んだ遊斗は、絶望した。
ライフを1000払うたびに、相手の場のモンスターを破壊することはできるが、…いかんせんリリースを三体そろえるほどの価値があるかと言われるとないと言えるであろう…。

遊斗40「失礼しました…。」

遊介20「…俺は再び、ライフ払って、ガジェを二体召喚!!」

遊介社長LP4500-500×2=3500

遊斗40「(うわぁ。遊介さん怒っている…。)」
遊介社長は、荒ぶるようにガジェットを二体そろえた。

遊介10「そしてガジェを三体リリースし、現れよ!!『オベリスクの巨神兵』!!」

遊助社長LP3500-500=3000

そして、当然のように手札にあった三幻神最後の一体、『オベリスクの巨神兵』がその姿を現した。
まさにオベリスクというのにふさわしい巨体と威圧感を放つ存在は、残りの二体の神に一切引けを取っていなかった。
遊介社長のフィールド上には、初代最強と言われる、三枚の神のカードが降臨した。

遊斗40「…三幻神が、そろってしまった。」

遊介10「さぁいくよ!!遊斗君!!バトルフェイズだ!!」

その声に呼応するように、三幻神は咆哮した。

遊斗40「く、凄い威圧感だ…!」

遊介10「まずは、『オベリスク』で、『クリッター』に攻撃!!
『ゴット・ハンド・クラッシャー』!!」

青き巨神兵の巨大な拳が、容赦なく一つ目お化けを粉☆砕した。そのしてその余波が容赦なく遊斗を襲った。

オベ4000-クリ1000=3000
遊斗LP8000-3000=5000

遊斗40「ぐ、ぐあああああ!!…お、俺のライフが、一撃で5000に…。」

栗田「…ク、ククク…。」

遊斗50「…は!そうだ!クリッターの効果発動!!このカードがフィールド上から墓地に行ったことで、デッキから、攻撃力1500以下のモンスターを一枚、手札に加える!!俺が加えるのは、『D・ラジカッセン』!!」

栗田「…(ニコ)」

クリッターは自分の効果が無事発動したのを確認した後、塵となって消えて行った…。

遊介10「まだバトルフェイズは終了していない!!『オシリスの天空竜』でダイレクトアタック!!『超伝動波 サンダーフォース』!!」

オシリスの口が開き、そこから電気の波動がはなたれ、遊斗に向かった。
遊介社長の手札は一枚…よってオシリスの攻撃力はたった1000ポイント。…だが、それでも1000ポイントライフが減るのは痛かった。

遊斗LP5000-オシ1000=4000

遊斗50「ぐ、ぐああ!!」

遊介10「そして、何となく『ラー』で攻撃!!『ゴット・ブレイズ・キャノン』!!」

ラー「ぐぁやあああああ!!」

ラーの咆哮が轟き、ラーの口に炎が蓄積していく!!
そしてその炎は、遊斗に目掛けて、一直線に放たれた!!

遊斗50「…!?」

…その時、不思議なことが起こった。
ラーの放った炎は、遊斗に近づくにつれてだんだんと勢いを弱め、そして最後には消えてしまった…。

遊斗LP4000-ラー0=4000

遊斗50「…。」

遊介10「…。」

一瞬、沈黙が流れた。

遊斗50「…く、俺のライフが、一気に半分に!!」

遊介10「俺はこれでターンエンド。さぁどうする?攻撃力2000以下の生半可なモンスターじゃ、『オシリス』の効果、『召雷弾』で消し飛んでしまうよ?その『ラジカッセン』も例外じゃない。」

遊斗50「…確かに、その通りだ…。いたずらにモンスターを召喚しても、ただやられるだけ…。」

遊介10「そして半端なモンスターを出したところで、ラーの第三の効果によって焼かれるだけだ。…さぁ、このフィールド、どう覆す?」



…Part4へ続く
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。