スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン Beautiful World】第三話 チョロネコ Part3

…あの後、アデクさんはチョロネコを完全に治療し、チョロネコもあとは安静にして定期的に薬を塗れば治るところまでいったらしい。
アデクさんが言うには
『これできゃつらも、もう無暗に人を襲うことはしないだろう』とのことだ。
確信はないが、アデクさんの様子をきくと、自然と説得力があるように思えた。

ポカブ「…カブ?」

ホワイト「…そうだね。そろそろいかないとね。」


そう言い、ボールから出ているポカブの頭を右手でなでながら、左手で預かったタウンマップを確認した。
ポカブの傷も、戦闘で支障は出るが自分で補える範囲だ。
…それにあまり時間をかけるわけにはいかない。でないと、ヒュウさんと距離が開いてしまう。

ホワイト「…出発しないとな…。
ポカブ、戻って。」

ポカブ「ポカブ!!」

そう言い、ポカブをボールに戻した後、ホワイトは足を進めた。

アデクさんの住む家の前についたホワイトは、扉の前で立っていた。
出発する前に、お世話になったアデクさんに別れの挨拶をするためだ。

コンコン

扉をノックして、返事を待った。…しかし、返事はなかった。

ホワイト「…いないのかな…?」

何度ノックをしても返事はなく、試しに扉を引いてみたが、鍵がかかっていた。

ホワイト「…仕方ない。邪魔にならないところで待つか。」

そう呟き、ホワイトは家の外にある闘技場の近くにある木の木陰に座り、アデクさんが来るのを待つことにした。
外の陽ざしは暖かく、お昼寝には最適な天気だ。待つことは苦労しなかった。


ホワイト「…ハ!!」

…そんなことを想ってアデクさんを待っているつもりだったが、気が付いたら眠っていた。
ホワイトは慌てて飛び起きた。

ホワイト「(アデクさんは、来たのだろうか?)」

再びアデクさんの家を確認しに行った。

ホワイト「…あ。」

すると今度は、扉があいていた。

ホワイト「アデクさ…あ、」

声をかけて中に入ろうと思った。…しかし、直ぐにそれを止めた。
何故なら中のアデクさんは何か取り込んでいるように見えたからだ。
一番奥の所で正座し、壁に据えられた棚を仰ぐように見ていた。体の横には、二本の瓶が置いてあった。
アデクさんは自分の持っている小さな杯に片方の瓶の液体を注ぐと、自分の目の前の杯にもう一方の杯にもう片方の瓶の飲み物を注いだ。…色と匂いから、それはミックスオレに思えた。

アデク「…お前がいなくなってから、随分立つな。…まぁ、飲むがいい。」

そう言いアデクは杯を前に勧めるように押した。
…どうやらアデクさんも今ここで何かを始めたようだった。

アデク「…思えば、お前がいなくなってから数年の間はわしは取り乱してしまってのぉ。…そのせいで、四天王のみなに、迷惑をかけてしまった…。それだけ昔はお前に頼っていたっていうことなんじゃろなぁ…。」

そう言い、アデクは自分の杯に口を付けた。

アデク「それだけでない、何とか持ち直し、再びチャンピオンとしての責を果たさなければならぬ時、自分のの弱さのせいで、負けてはならない戦いで敗北し、イッシュ地方を混乱に陥れてしまった…。たとえこれだけの月日がたっても、その罪は消えんだろう…。」

ホワイト「…。」

アデク「…だからこそ、その罪を背負って、今まで以上に頑張って先に進まんと行けないのだがな…。そんなわしを支えて来てくれた人のものの為にも…。」

アデクさんは再び杯に瓶の液体を注ぎ、それを飲んだ。

アデク「…はぁ。まぁ、もっともわしは今チャンピオンでないから、できることは限られておるんだがな、それでもわしは頑張れるだけ、頑張るぞ!はっはっはっはっは!」

ホワイト「…アデクさん。」

アデク「…ン!?」

そこでアデクさんは杯を仰ぐのを止め、静かな声で言った。

アデク「ホワイト、そこに隠れていないで、こちらに来なさい。」



…Part4へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。