【ポケモン Beautiful World】第四話 ハーデリア Part3

ホワイト「…えっと、これはなんですか?」

配達員「はい!ポケモンのタマゴです。差出人は不明ですが、確かにホワイトさん宛に来ています。」

そういい配達員は元気にポケモンの卵を差し出してきた。
…しかし配達員に覚えがなければ、当然ホワイトにもこの卵の宛はわからない。…ただただ戸惑うしかなかった。


ホワイト「…え、えっとっと。」

ヒュウ「すげえじゃん!!ポケモンのタマゴだぜ!!何が中にいるかわからないけど、一から育てるなんて、いい経験になるぜ!!」

戸惑うホワイトをしり目に、ヒュウさんは興奮していた!
…確かに、ポケモンの卵を貰う経験なんてそうそうないが、如何せん正体不明のタマゴだ。…何があるかわからない。

ホワイト「そうかもしれないですけど…。う~ん…。」

ヒュウ「大事に育ててやれよ!!」

そう笑顔でいいヒュウさんは背中をポンと叩いた

配達員「受け取りありがとうございます!!」

そういい配達員は卵をホワイトに渡し、去っていった。

ホワイト「…。」

どうやら、この卵はどうしても自分が育てなければいけないらしい…。
いまいち実感がわかないまま、卵の重さだけがしっかり腕に伝わっていた。


それからサンギタウンからヒオウギシティにもどった二人は、トレーナーズスクール、つまりヒオウギジムにやってきた。

ヒュウ「来たぜ!ジム!!」

ホワイト「…。」

しかしホワイトの顔は浮かないものだった。

ヒュウ「どうした?元気出せよ!人生初のジム戦だぜ!!血沸き肉躍るだろ!?」

ホワイト「…ヒュウさんは元気いっぱいですね。」

ヒュウ「当たり前だ!!元気があれば、なんでもできるさ!!それに、ジムリーダーがいくら強くても問題ないさ!ジムリーダーは、手持ちポケモンの強さやバッジの数によって、戦い方や出してくるポケモンを変えてくるんだ。…ただトレーナーの実力を測るために戦うんだからな。俺だって可能性は十分にある!」

???「…そこの君たちは、ジムに挑戦する人かな?」

ホワイト「!?」

ジムの入り口から、すらっとしたスーツ姿の青年が現れた。
間違いない。この人はここのジムリーダーの、

ヒュウ「あ、あなたは!!確か…チェレソさん?」

チェレン「…おしい、僕の名前は『チェレン』だよ。」

ヒュウ「おお!!チェなんとかさん!!俺たち2人、このジムが開いたって聞いたんで、挑戦しに来たんですよ!!」

チェレン「そう言ってくれると、嬉しいね!じゃあ、早速ジムに挑戦する?どっちが先にする?ボクも初めてのジムリーダーになっての戦いだから、少し緊張しているよ。」

ヒュウ「だったら、こいつの方が俺よりはるかに強いので、俺は後でお願いします!!」

そう言い、ヒュウさんはホワイトをチェレンの前に押し出した。

ホワイト「ちょ、ちょっと、ヒュウさん!?」

チェレン「…君が先か。名前を教えてもらえるかな?」

ホワイト「…ホワイトです。」

チェレン「…『ホワイト』君か、じゃあ、早速始めよう、僕についてきて。」

そう言い、チェレンは二人を引き連れ、ジムの中に入っていった。



そうして、ジム戦で惨敗したホワイトは、すぐ隣のポケモンセンターの休息所で休んでいた。
ホワイトは落ち着きを取り戻したが、相変わらず下をむきうつむいていた。

ホワイト「…。」

ヒュウ「…ホワイト。」

ホワイト「…ヒュウさん、俺…ポケモントレーナーやっぱり無理かもしれません。」

???「こんな所で湿気ておって…。どうしたのじゃ?」

その声に振り返ると、そこにはサンギタウンで出会った、赤い髪が特徴的な男、アデクさんがそこにいた。

ホワイト「アデクさん…。」

アデク「話はチェレンから聞いたぞ。…ホワイト…。やはりお前は昔ポケモンとの間に、何かあったのだな?」

ホワイト「…。」

アデクさんは、核心をついてきた。

アデク「…いいか、このままではお前はポケモントレーナーとして、駄目になってしまう。…だから、何が昔あったか、聞かせてくれないか?」

ホワイト「…。」

やさしい顔で促すアデクの言葉に対しても、ホワイトは顔を上げなかった。

ホワイト「…、ヒュウさん、申し訳ないですけど、自分の代わりにアデクさんに話してくれませんか?」

そして、絞り出すような声でそう言った。

ヒュウ「…いいのか?」

ホワイト「…はい、お願いします。」

ヒュウ「わかったよ…しょうがない…じゃあ、アデタさん、」

アデク「…わしは『アデク』じゃ。」

ヒュウ「ああ、すいません。じゃあ、アデ何とかさん、話しますね。こいつとポケモンに昔、何があったのかを…。」

そういい、ヒュウはアデクの方を向き、話し始めた。



…Part4へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR