スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一話 エクシーザー Part3

遊斗32「九朗さん、俺はここで負けるつもりはないですよ!!」

九朗10「何ぃ!!?」



遊斗22「手札にいる、『クリボー』の効果を発動!
このカードを墓地に送ることで、 ダメージを0にする!」

遊斗はそういうと、クリボーを墓地に置く。
机から巨大なクリボーのソリットヴィジョンが現れる。

クリボー「クリリリィ!!」

BFAW「!!!??」

アームズ・ウィングの一撃は、強大なクリボーに傷をつけることすらできなかった。

九朗10「『クリボー』っ、だと!!?」

Gちゃん「そうかぁ!そのカードがあったのじゃなぁ!」

遊斗22「サンキュー、『クリボー』。」

クリボー「クリリィ。」

そういうとクリボーは姿を消した。

遊斗22「ふっふっふ、やっぱり主人公は
クリボーだよなぁ。」

九朗10「主人公?」

遊斗22「ほらぁ、テレビや漫画の主人公は
『クリボー』系列を使うじゃないか。
俺は、そういう柄じゃないけど、
憧れるんだよねぇ。
そういうのを使って戦うのに。」

九朗10「そんな憧れのためだけに、クリボーを!?」

遊斗22「ああ、そうだよぉ!!
九朗さんはターンエンド!?」

九朗は、呆気にとられていた。
声が出なくなっていた。

九朗01「(…憧れのためかぁ。
…俺も昔は、BFを、憧れから使いだした…。
それなのに、…今は。)…ああ、カードを1枚伏せてターンエンドだ。」

遊斗32「よっしゃ!俺のターンだぁ!ドロー!!」

遊斗は自分のデッキから、勢いよくカードをドローする。
そして、引いたカードを見て、笑う。

遊斗21「メインフェイズ、マジックカード『ブラック・ホール』を発動!
全てのモンスターを破壊する!
これで、九朗さんのモンスター群はぜんめ…」

九朗00「カウンタートラップ、『神の宣告』。
ライフを半分払い、相手の魔法発動を無効にする。」

九朗LP6400→3200

遊斗22「え、」

ブラックホールは、神の力で呆気なく
消え去ってしまった。

遊斗22「…そんなぁ。」

九朗00「…これで、お前は詰んだな。」

Gちゃん「流石、九朗君じゃな。」

遊斗22「…。」

黙りだしたか。
…だから嫌なんだ。
どんなにかっこよくても、どんなにきれいでも、
『ガチ』には勝てないから。
こいつもそこらへんのやつとおんなじデュエリストか。
デュエルを始める前の会話で、何か違うものを感じた気がしたが、
所詮気のせいだったか。
結局、あいつの『エクシーザー』とやらは見れなかったぁ。

遊斗22「…ふっふっふ、勝った。」

九朗00「…へ?」

そういって遊斗は、まっすぐな瞳で、
九朗を見据えた。

遊斗22「これで俺を阻むものはなくなった!!
九朗さんのハンドは0!!ヴェーラーも怖くない!!」

九朗00「な、ブラホは囮だとでも言うのか!?」

遊斗21「ああそうですとも!!ここから俺の怒涛の反撃が
始まりマッスル!!
リバースカードオープン!!『リビングデットの呼び声』!!
墓地に眠る『霊滅術師 カイクウ』を攻撃表示で特殊召喚!!」

カイクウ「か~いくぅ~」

九朗00「カイクウ!?
いまさらそいつを蘇生して、何をするつもりだ!?」

遊斗21「ふっふっふ、俺の切り札を召喚するためさ!!」

九朗00「切り札ぁ?」

遊斗11「そうですさ!!
そして、手札から『D・ラジカッセン』を召喚!!」

ド派手な音とともに、赤いラジオが変形して人型になり、
フィールドに召喚された。

Gちゃん「D、」

九朗00「『D・ラジカッセン』だとぉ!!?
ふざけるなぁ!!
貴様は本当になにがしたいのだぁ!!?」

遊斗11「いよっしょあ!!
これで、俺の新カードを披露する準備は揃った!!」

九朗00「なんだとぉ!?」

驚きを隠せない九朗。しかしGちゃんは違った。

Gちゃん「…フィールド上には、レベル4のモンスターが二体…。」

九朗00「…まさか、エクシーズ召喚!?
だが、この状況で『No.39 希望皇ホープ』を出しても、何もできないはず。」

しかし遊斗は依然笑っている。
圧倒的優位のように。

遊斗11「そいつじゃないさ、おれが呼ぶのは、
もっともっととっておきのやつだぜぇ!!
九朗さん、あなたに一番見せたかったモンスターだぁ!!」

九朗00「!!?」

遊斗は、九朗を指さし高らかに宣言した。

遊斗11「行くぜぇ!!
レベル4の『D・ラジカッセン』と、『霊滅術師 カイクウ』を、
オーバーレイ!!」

『D・ラジカッセン』と、『霊滅術師 カイクウ』が、
二つの光になり、円を描きだす。
そしてその円の中に、
金色の大剣をたずさえ、赤き瞳の、神々しくも逞しい、
緑光の鎧を身にまとった戦士が浮かび上がっていた。

Gちゃん「やはりエクシーズ召喚!!?」

九朗「…このシルエットは、ホープじゃない…。
まさか…!」

そして光が弾け、その戦士がフィールドに舞い降りた。

遊斗「エクシーズ召喚!!
全てを超えゆくもの、『エクシーザー』!!」
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。