【ポケモン Beautiful World】第九話 自分らしく Part4

~前回までのあらすじ!~

強敵ハチクマン相手に、一歩も引かないリオルガール&キッド!!
がんばれ!キッド&ガール!!僕らのキッド&ガール!!



ハチクマン「よかろうっ!
我輩の悪の奥義!くらうがよいわーっ!」

バルチャイたち「「「「バルチャイチャイ!」」」」

ハチクマンの怒涛の号令に従い、一斉にバルチャイたちがホワイトとメイのポケモン達に襲い掛かる!!

ハチクマン「ファファファ!終わりだリオルガール&キッド!!」

しかし、二人の眼差しは、諦めていないかった!!むしろ輝いていた!!

ホワイト「ゼニ!『ハイドロカノン』!チャオブー!『つっぱり』!」

ハチクマン「!?な、なんだと!?」

ゼニ「ゼェ、ニー!!」

ゼニガメは小さな体をいっぱいに使って、『ハイドロカノン』を放った!!その水タイプ最高威力の技は、いくらレベルが低く、体長が小さいゼニガメのものでも、バルチャイの大群を吹き飛ばす位の威力はあった。

バルチャイ「「バルバルバルゥ!!?」

チャオブー「チャオブー!」

そして残りをベテランのチャオブーの『つっぱり』が吹き飛ばす!
見事な連係プレー!!

バルチャイ「バルゥ!?」

メイ「凄いね!ゼニ!!」

ゼニ「ぜ、ゼニ!!」

コイル「…。」

ゼニガメは褒められ、とても嬉しそうだが、その様子を隣でジト目で睨んでいた。

メイ「私たちも負けていないわよ!リオ!『冷凍パンチ』!」

リオ「カウ!!」

バルチャイ「バルゥ!!」

リオルも負けじと『冷凍パンチ』でバルチャイたちを倒していく。
…しかし、バルチャイたちも負けてはいなかった。
悪の必殺技が、今、メイを襲った!

バルチャイ「バルバルバル!!」

メイ「!?だまし討ち!?」

メイの背後に、バルチャイが襲い掛かる!

コイル「リリリリ!!」

しかし!そこに滑り込むように、コイルのイルが立ちはだかった!!

メイ「イル!?」

コイル「リリリリリ!!」

その時、不思議なことが起こった!!
目の前でコイルが青い防御円を発生させ、バルチャイの『だまし討ち』を防いだ!
…そう、これはコイルの『守る』だ!!

バルチャイ「!?」

ハチクマン「…!!?ええい!つづけつづけぇ!!」

バルチャイたち「「「バルバルバル!!」」」

バルチャイたちは、複数で一斉にメイに『だまし討ち』を仕掛ける!!
…しかし、しかし!!

コイル「リリリ、リリリ、リリリ!!」

全ての攻撃を、コイルが先回りして『守る』をいれ入らない!!届かない!!

ハチクマン「あれれ・・・攻撃が当たらない?
ええい!なんなんだおまえは!!」

ゼニ「ゼニュー!」

その時、ゼニガメの『ハイドロカノン』の二発目の余波が、ハチクマンに降りかかった!!
…お蔭で、ハチクマンの顔は濡れ、全身水ぬれになった…。

ハチクマン「!!?つ、つめた!!」

遊園地の人々「なに?あの悪役?」

遊園地の人々「あんなに水にぬれちゃって…ださぁい!」

そんな遊園地の人々の声が次々にわいてきて、ハチクマンを責める!!

ハチクマン「…ええい!もうなんだか今日は白けたわ!!わしはアジトに帰る!!さらばだ!!」

そう言い、ハチクマンは立ち去って行った…。
そして遊園地には、元の楽しい雰囲気が残った。


コイル「リリリ!!」

ホワイト「なんとか、何とかハチクマンをしり除けたぞ!」

メイ「ええ…。だけど必ず、あのハチクマンはまたやってくるわよ。」

2人のリオルガール&キッドはお互いに顔を見合わせ、うなずいた。
2人の目には、安堵と燃える闘志があった!

ホワイト「…何度だろうと、かかってくるがいい。だがその度、絶対に追い返してやる!そう、僕たちとハチクマンの戦いは、」

ホワイト「これからなんだ!」
メイ「これからなのね!」

                 続く!!~




ホワイト「…いや、やっぱりこれダメだろう…。」

ホワイトは、盛り上がっているギャラリーたちから離れたところで、ふと映画の内容を思い出し、そう呟いた…。





ホミカ「…なんだよ、あいつ今日はこねぇのかよ。最近毎日朝一番に来てたのに…。なんだよ、今更諦めたのかよ…。根性なしめ…。」

タチワキジムのライブステージ。そこはバンド『ドガース』のホームであり、ジムのバトルステージも兼ねている。
そこには、エレキギターを首から下げ、ジム戦チャレンジャーを待つホミカがそこにいた。
その横には、ギターのルー。ドラムのクックがにやにやしながらホミカをみていた。

ルー「おんやぁ、いつも来るとそれはそれでご機嫌斜めのホミホミさんなのに、今日は違うのねぇ。」

ホミカ「ホミホミ言うな!!…ったく、お前らもあんな奴に影響されてんじぇねぇよ。」

クック「おやおや、噂をすれば何とやらだぞ。ホミホミ姫。」

ホミカ「だからお前までホミホミ…ってええ!ヒュウ!!」

ヒュウ「たのもー!」

そう言い、ヒュウはそのジムに現われた。その瞳には、自信に満ちてた。



…Part5へ続く!!
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR