スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン Beautiful World】第十七話 シャベッタ Part5

ダイケンキ「シャアアアアアア!」

ダイケンキはシェルブレードを引き抜き、ドリュウズに向かって駆けた!

ヤーコン「ほう、面白い!かかってこい!『ドリルライナー』だ!!」

ドリュウズ「ドリュウウ!」

ドリュウズも両手を合わせドリル形態になり、ダイケンキに向かって突進した!
ドリルと剣、二つの攻撃が混じり合い、火花を散らした!

ダイケンキ「シャアアアア!」

しかし上手だったのはダイケンキだった。
剣をドリルの間、つまり両の手を合わせている部分に滑り込ませ、そのままいなしにいった!

ドリュウズ「ドリュ!?」

ダイケンキ「シャアアアア!」

ドリュウズ「ドリュウ!!」

いなされたドリュウズは地面にたたきつけられ、そのままシェルブレードの余波をもろにくらった!

ヒュウ「よし!」

ヤーコン「まだだ!真下ががら空きだ!
ヒポポタス、やれ!」

ホワイト「ゼニ!『この指とまれ』!」

カメックス「ガメェ!」

その時、後ろで控えていたカメックスは、指を高らかに掲げた!
その瞬間、全ての単体を狙う攻撃は、カメックスへ向かった!
それが例え、地面の中を掘り進んでいたとしても。

ヤーコン「なにぃ!?」

ヒポポタス「ポポォ!?」

カメックス「!?ガメェ!!」

カメックスはヒポポタスの攻撃をもろにくらった!
…がそれは計算内。
元々甲羅が固いカメックスが攻撃を受け、その隙を全力で生かす!

ホワイト「今です!ヒュウさん!」

ヒュウ「ダイケンキ!『シェルブレード』!」

ダイケンキ「シャアアアア!!」

地面から現れたばかりのヒポポタスに、ダイケンキは剣を掲げ強激を仕掛けた!
突如予定と違う場所にでたヒポポタスはことを把握しきれず、それを防ぐ手段はなかった…。

ヒポポタス「ポポォ!!」

一閃。
それがヒポポタスに見事に決まり、そして倒れた。

審・判員「ヒポポタス、ドリュウズ、共に戦闘不能。
よってこの試合、チャレンジャー、ホワイト・ヒュウの勝利!」


ヒュウ「…よっしゃあああああ!!」

ホワイト「やりましたね!」


そう、この二人は、自分の手持ちをどちらも倒されることなく、見事にリベンジ勝負を勝利で飾ったのだった!

ヒュウ「ああ!お前とお前のゼニのおかげだ!さすがホワイト達だ!」

ホワイト「ヒュウさんのダイケンキの機動力と攻撃力がなければ、ここまでうまくいきませんでしたよ!
ありがとうございます!」

カメックス「ガメ!ガメ!!」

ダイケンキ「シャーシャー!!」

ヒュウとホワイト、カメックスとダイケンキで手を取り合いお互いに手にした勝利を喜び合った!
そんな二人と二匹をみて、ヤーコンさんは帽子を前に倒しつぶやきながら、ポケモンを戻し二人に近づいた。

ヤーコン「…やれやれ。初めからそうすりゃよかったんだよ。」

ヒュウ「ヤーコンさん、ありがとうございました!」

そういいヒュウさんは再びヤーコンさんに向かって礼をした。

ヤーコン「全く…お前は確かヒュウだったよな。
…最初のお前は、初めてこのジムに来た時の毒娘そっくりだ!」

ヒュウ「え!?自分ホミカにそっくりでしたか!?」

ヤーコン「ああ、全くだ!
…だがあの娘よりお前は早く立ち直れたみたいだな。
それは誰のおかげか、よく噛みしめろ。
…今度から、俺はお前ら二人はしばらく常に気にかけてるからな。まぁ多少のやんちゃなら何とかしてやるから安心しろ。」

ホワイト「ありがとう、」
 ヒュウ「ありがとうございます!!」

ホワイト「ウェイ!?」

…やはり、ヤーコンさんに対してのヒュウさんの態度は、どうもなれない。
そう思うホワイトだった。

ホワイト「…ヒュウさん、気合入りすぎてませんか…?」

ヒュウ「馬鹿野郎!さっきも言ったろ!
俺はホミホミと約束したんだ!
この人を師のように崇めると!」

ホワイト「…まぁ、いつもの元気なヒュウさんに戻ってくれて、よかったです。」

ヒュウ「ああ?俺はいつでも元気でまっすぐなヒュウさんだぞ!」

ホワイト「…ふふふ、よかった。僕が言う必要すらなかったみたいですね。」

ヒュウ「ん?何がだ?」

ホワイト「この前『ヒュウさんなら、今のまま頑張れば大丈夫ですよ』って伝えようと思って、結局伝えられなかったんですよね。けど、言わなくても大丈夫そうでしたね。」

そういうと、ヒュウはうれしそうな顔でホワイトを見て言った。

ヒュウ「…いや、ありがとう。
やっぱり、お前にそういってもらえると、とっても安心するよ。
…そうか、ホミホミが俺にしっかり考えて言わせたのは、俺自身を自分の言葉で安心させるためだったのか…またお礼しなきゃな。」

ホワイト「そうですよ。言ってあげてくださいね!
きっと喜びますよ!」

ヒュウ「おう!」

ヤーコン「おい!何を騒いでるんだお前たち!」

ホワイト「す、すいません…。」
ヒュウ「失礼しました!!」

振り返ると、そこにはこちらが話し込んでいることに気を使って話しかけないでいてくれたヤーコンさんの姿があった。
そしてその手には、輝く二枚のバッジがあった!

ヤーコン「ほら、勝者の証だ!もってけ!」


…第十七話 シャベッタ END
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。