【ポケモン Beautiful World】第十八話 ルリ Part2

ホワイト「この店のお茶とご飯美味しかったね!」

メイ「うん!ホワイトが喜ぶと思って今日連れてきたんだ!」

そういい、二人はジョインアベニューにあるレストランから食事を終え出てきた。
自然と手をつなごうと思えばつなげそうだが、つながない。
そんな距離だ。

ホワイト「このスパゲティ、トマトとクリームと海鮮の味の調和がすごく良かった…僕も頑張って作れるように…。」

メイ「頑張ってね!できるようになったら味見するからさ!」

ホワイト「了解です!」


ピロピローンピロロロ~ン♪ピロピローンピロロロ~ン♪

…その時、メイのライブキャスターの音が鳴った。
メイはライブキャスターを取り出し、ボタンを押した。そしてその画面を見て、名残惜しそうな顔をした後、ホワイトのほうを向いた。

メイ「あ、ごめんね、約束の時間になっちゃった…。」

ホワイト「ナツメさんと会う約束してるんだっけ?」

メイ「うん、だから今日はここまでってことで。
…名残惜しいけど、…それじゃあ。」

そういいメイはホワイトから離れた。
そして踵を返し、重く一歩を踏み出した。

ホワイト「…あ、あのさ、メイ!」

しかし、そのタイミングでホワイトは声を少し裏返しながら言った。

メイ「…ん?何?ホワイト?」

その声に立ち止り、ホワイトのほうを振り返るメイ。
その目に期待の色が少し映っているように見えた。

ホワイト「…こんどさ、あのさ、
…一緒に電気石の洞窟ぬけてフキヨセシティに行こうね!」

メイ「…うん!約束だよ!」

その一言に、メイの顔はぱぁっとより明るいものになり、輝いた。
そして元気に手を降ると今度は軽い足取りでその場を駆けて行った。
…ホワイトはそんなメイを少し笑いながら、手を降り見送った。

ホワイト「ああ…。約束だよ。」




ナツメ「メイちゃん!元気にしてた!?」

メイ「ナツメさん!お久しぶりです!」

ジョインアベニューの別のカフェ。
先ほどの雰囲気の良い店とは違い、今度はラフな雰囲気のカフェテリアだった。
値段も安く、誰もが気軽にちょっとお茶できるお店の一番隅の角の席に、ナツメは笑顔で座っていた。

メイ「これ、よかったらどうぞ。つまらないものですけど。」

ナツメ「いつもそんなのいいのに!まぁ座って座って!」

メイ「はい、失礼します。」

メイドさん「いらっしゃいませ。」

メイ「あ、私はホットミルクティーで。」

メイドさん「かしこまりました。」

そういい、メイは向かい合うように席に座ったあと注文をした。
すでにナツメの前には、ホットレモンティーがいっぱい置かれていた。
今日は、お互いにオフで仕事のこと関係なく楽しくおしゃべりしようというものだった。
お互いに時間を調整してやっと今日という日をとることができた。
そんなことができるぐらい、二人の仲は年の差関係なく良いものだった。
…とはいえ、最初にどうしても話題になるのは、やはり仕事の話だった。

ナツメ「しかし、凄いねメイちゃん。この街の市長を今もやってのけているんだもんね。」

ナツメはそうニタニタ笑いながら、メイの顔を上目づかいに覗き込んだ。

メイ「そ、そんなことないですよ!色んな人の協力がなければ、やっていけないですよ。
ナツメさんも凄いじゃないですか。…昔はジムリーダーしながら、今みたいなことやっていたって聞きますよ?」


ナツメ「それこそメイちゃんじゃないけど、色んな人の協力がなければできなかったわよ。
…私がいくら未来を見る力があるからって、未来は自分の力で切り開いていかないといけないからね。」

そういい、ナツメは自分のお茶を一口啜った。

メイ「…やはりナツメさんも、色んな人に助けてもらったんですね。」

ナツメ「そりゃそうよ?
…あなたの友達、ホミカちゃんだって、あなたに色々助けられた部分があるんじゃない?
彼女も、あなた並にいろいろやってるじゃない?
あなた達は確かとても仲の良い友達でしょ?だったらそういうことなのよ。」

メイ「ホミカも…かぁ…。
…だとしたら、うれしいです。」

ナツメ「そうでしょ?あなたは今、助け、助けられて生きているんだからね。」

その一言に、なんだかとても元気が出てきた。
…この人は、私が今まで、そしてこれから苦労する分のことをもう全部体験しているのだろう。だからこそ、こんなに輝いて、頼りがいがあって、美しいのだろう。
本当この人には敵わない。
将来こんな人になりたい、
メイにとってそう思えるのが、ナツメだった。

メイ「はい。ありがとうございます!」

メイドさん「ホットミルクティーお待たせしました。」

メイ「あ、ありがとうございます。」

そういい、メイは自分の元に来たミルクティーを、ナツメのように啜った。



…Part3へ続く
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR