スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王ZEXAL CN5】激怒のシャーク!咲き立ちはだかる雪月花美神! Part2 【第二話】

遊馬「…というわけで、新しく俺たちの仲間になった六子だ!
みんな六子と仲良くしてやってくれ!」

六子「はい!みなさん不束ものですが、よろしくお願いします!」

学校の屋上、よく晴れた昼休み。
いつもここで昼ご飯を食べる遊馬と、その仲間たちは敷いたシートの上に円になるように腰を下ろしていた。
だけど今日はその中に一人、新しい仲間がいた。
遊馬達の学校の制服に身を包んだ、『一 六子』だ!

鉄男「よろしくな!六子!」

委員長「トドのつまり、仲良くやりましょう!」

徳之助「…怪しいウラ。何かウラがあるんじゃないかウラ?」

キャット「にゃんで遊馬の隣にいきなり座ってるの!」

六子「なななな何もウラなんてありませんわよ。おほほほほ…。」

遊馬の仲間たちに色々は言われてはいるものの、概ね歓迎されているようだった。

遊馬「いいじゃねぇか!今日はみんなと仲直りしに来たんだよな!六子!」

六子「ええ!私がNo.を使っていたことで、皆さんにご迷惑をかけてしまって、本当に申し訳ありませんでした…。ですので、今回は私の作ってきた『でゅえるめし』を召し上がってほしいのです!」

そういい六子は用意していた大きな5段重ねのお重を取り出し、それを包んでいる黒い風呂敷を外した。

小鳥「え!?六子ちゃんお重で作ってきたの!?」

六子「はい!さぁみなさん!たんとめしあがってくださいませ!」

そういい六子はお重を広げ、皆にみせた。

皆「「「「「「おおおお!!!!!!!」」」」」」

その中には、個性的な品数が入っていた!
おにぎりなのだろうが、きっちりと真四角に形どられ、周りには真っ黒になるよう海苔が張られていた。
程よくきつね色に焼き色が付いた真四角に切られた卵焼き。
これは、つくねだろうか?鳥の挽肉をオーブンで焼いたもの上に彩の胡麻や香草やトマトなどがあしらわれたものが、真四角に切られていたり。
真四角にトーストした食パン?の真ん中がくりぬかれ、その中に色鮮やかなサラダがあしらわれていたり。
とにかく、おいしそうできれいなのだが、その全ての品が真四角に出来上がっていた。
皆はその内容にとにかく色んな意味で驚くしかなかった。

キャット「にゃんと…!」

委員長「トドのつまり、全部が四角です!」

小鳥「でも六子ちゃん、料理上手だね!これだけ沢山の量を作るのは大変だったでしょう?」

六子「ええ、昨日の夜から頑張って仕込んだので。
…小夜ちゃんから遊馬の『でゅえるめし』は美味しいってい聞いていましたから、それを元に私なりに作ってみましたの。」

遊馬「おお!うまそうじゃねぇか!六子!
これくってもいいかな?」

六子「ええ!そのためにたっぷりと作ってきたのですわ!沢山召し上がってくださいませ!遊馬!」

アストラル『…遊馬、この真四角の真っ黒の物体は一体何だ?』

遊馬「え?『デュエル飯』っていってんだから、たぶんおにぎりだろ?」

アストラル『なるほど…おにぎりには、○、△、そして■が存在するのか…初めて知った…。』

そういい、アストラルはお重の中にある真四角で真っ黒のおにぎりをまじまじと眺めながら言った。
そんな遊馬とアストラルのやり取りに六子は疑問を持ったようだった。

六子「…あ、あのぉ、たまに遊馬が空に向かって独り言を言っているのは何なんでしょう?」

鉄男「ああ、あれか。」

徳之助「『アストラル』っていうデュエルの天才がいつも遊馬の隣にいる…ウラ。」

遊馬「まぁ、そんなこといきなり言われてもピンとこいないと思うだろうけどな。」

六子はそこで少し考えるそぶりを見せた後、言った。

六子「…つまり、その『アストラル』さんという見えないデュエルの天才がいつも遊馬の隣にいて、それがいつもアドバイスを出しているの…ですか?」

遊馬「ああ!…この中だと、俺意外に小鳥も見えるぜ!」

小鳥「と言っても、私も最近見れるようになったんだけどね。」

六子「…不思議なことがあるのですね…。…ささ、アストラルさんも、どうぞ召し上がってください!」

そういい六子は遊馬のほうを向いてお重を進めた。
それを見てアストラルは腕を組み、残念そうな表情を見せながら言った。

アストラル『…気持ちはありがたいが、私は食事をとれない…ゼアルでなければ…。』

遊馬「あ…、
あのな、六子、アストラルは飯を食わないんだ。それでも気持ちは嬉しいって言っているぜ!」

六子「そうでしたの…ではアストラルさんには別の機会にお礼をしましょう…。
さぁみなさん!召し上がってください!」

遊馬「おう!いただきまーす!」

皆「「「「「いただきまーす!!!!!」」」」」

小鳥「…おいしぃ!六子ちゃん!この鶏ひき肉の焼き物、どうやって作ったの!?」

遊馬「このデュエル飯もいけるぜ!」

六子「ありがとうございますわ!」

皆が持ち寄ったお弁当と、六子が持ってきたお重のお弁当を楽しく美味しくつつきあいながら食べた。
こうして楽しいお昼の時間は過ぎていくのであった…。



遊馬「ご馳走様六子!お前の『デュエル飯』うまかったぜ!また食わせてくれよな!」

皆が食事をおえ、お茶などを飲んでまったりとその余韻を味わっていた。

六子「ええ!明日もこれほどは作れないですけど、作ってきますわ。気に入ってもらえて、私も嬉しいですのよ!」

小鳥「本当、六子ちゃん料理上手よね!今度あの鶏ひき肉の料理とか、色々教えてね!」

六子「フフ、小鳥さんには特別ですのよ。
…あ、そうですわ!
私の知りあいが今度、デュエルの大会をするのですけど、
今度の休みよろしかったらみなさんでいらっしゃらいですか?」

そういい、六子は自分の鞄からファイルを取り出し、そこに入っているチラシを皆に一枚一枚配って渡した。
…そのチラシには、ハートランド郊外にある海水浴場で、水着を着て、デュエルを楽しもう!…と、鮮やかな絵と文字で書かれていた。

小鳥「…ええ!?水着デュエル大会!?」

六子「…ええ、この近くの海なんですけど、水着を着てデッキとデュエル道具一式を持っていれば誰でも参加できる無料の大会が開かれるのですわ。
折角なので、小夜ちゃんも誘っていこうと思っていますの。
…優勝賞品は、黄金に輝く、宝石がちりばめられたデュエルディスクですのよ!」

その一言に遊馬はとびついた!

遊馬「へぇ!すげぇじゃん!みんな、行こうぜ!」

しかしそこで徳之助は眼鏡を輝かせながら言った。

徳之助「…怪しいウラ。何かウラがありそうウラ!」

六子「そそそそそそんな、ウウウウラなんてないウラですわ。」

六子はその一言になるべく平常心を保ったまま答えた。

小鳥「でも小夜ちゃんも行くんなら、またみんなで遊びに行きましょうよ!」

キャット「そうにぇ。また小夜ちゃんもつれてみんなで遊びましょう!」

鉄男「いいんじゃねぇか?俺も賛成だぜ!」

委員長「とどのつまり、僕も委員長として、皆が羽目を外さないか監視する義務があります!」

徳之助「そんなこと言って、ただ水着のお姉さんが見たいだけなんじゃないウラか?」

委員長「な、とどのつまり、そんなことはありえないのです!!」

皆の反応も概ね良くどうやら快く皆行ってくれるようだった。

遊馬「よおし!じゃあ今度の休み、みんなでそのデュエル大会にでるぞぉ!
だれが一番になっても、文句なしだからなぁ!」

六子「…ふっふっふ。私も遊馬相手でしたら本気で挑ませていただきますから、覚悟してくださいませ!」




凌牙「…。…え。」

今日は休日。
凌牙はいつもの放課後のように、朝早くから璃緒がいる病室に行った。
…しかし、そこはいつもと違った。
…璃緒がベットに、いなかったのだ。
窓は閉め切って、カーテンはいつものように外され、日が差し込んでいる。
だけど、ベットの毛布はめくられていた。
璃緒が自分から動けたとしたら、確実に自分に連絡がくるはず。
つまり…。

凌牙「璃緒!!璃緒!!」

何者かに連れていかれた可能性が高い…ということだ。

凌牙「璃緒…璃緒!!」

凌牙がいくら叫んでも、返事はなく、この部屋には自分しかいないというのを再認識させるものだった…。

凌牙「璃緒…。」

ふと顔を落とした先に、何か封筒みたいなものがあるのを発見した。
凌牙はそれを手にとり、中に入っている手紙を取り出して読んだ。

凌牙「…これは…!」

…それには、以下のようなことが書かれていた。

~神代 凌牙君へ~
君の大事な妹さんは預からせてもらったよ。
返してほしければ、君も真夏の海のデュエル大会会場まで来たまえ!
そこでわたしとデュエルだ!
場所はこの別紙に書いてある通りだ。
                               by ダディ


凌牙「…なんだ。この手紙は…ふざけるな…。」

凌牙は、怒りで打ち震えていた。
その手紙に書かれていた内容
を全て頭に叩き込んだ後、怒りにまかせその手紙を握り潰し、鬼のような形相で叫んだ。

凌牙「…このダディとかいう野郎、ぶっ潰す!」

凌牙は病室を飛び出し何にも目を止めず、病院の外に止めてあるバイクに乗った。
そのバイクのエンジンを起動させ、地図に示されている場所に向かって走り出した!
シャークが向かった場所は、遊馬達が水着デュエルに向かった場所と、同じ場所だった…!



…Part3に続く
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。