【遊戯王ZEXAL CN5】激怒のシャーク!咲き立ちはだかる雪月花美神! Part6 【第二話】

~前回までに出来上がった場~
現在凌牙のバトルフェイズ 終了まで

凌牙LP2600
手札1枚
伏せ1枚(発動を封じられた『ポセイドン・ウェーブ』)
フィールド


~~~~~~~~~~~~~~~~~

バーナァーLP2400
手札1枚
伏せ1枚
フィールド

雪月花美神 攻撃表示 ORU1 攻撃力3500に上昇中





バーナァー11「どうやら、君の作戦は失敗したみたいだね!凌牙君!
君のその焦りが、雪月花美神の3つの隠された能力を見落としてしまった!
…まぁ、例えこの攻撃で君が勝っていたとしても、No.はNo.との戦闘以外では破壊されないんだけどね。」

凌牙の反撃は失敗し、フィールドにモンスターはいなくなった。
…確かに、バーナァーの言う通り『雪月花美神』のテキストをちゃんと確認をしておけば、今の攻撃は失敗するのは容易に分かったことだった。
凌牙は璃緒を助けたいがために焦り、ミスを犯してしまった。

…しかし、凌牙の目は諦めていなかった!

凌牙11「…まだだ。」

バーナァ―11「ん?」

凌牙は拳を振り上げ宣言した。

凌牙11「まだだ!俺は!墓地に存在する『ディープ・ジェム・シャーク』の効果を発動!
このカードの他に、墓地に『シャーク』と名のつくカードが三枚以上存在するとき、このカードと自分フィールド上のカード一枚を除外して、カードを二枚ドローできる!
俺の墓地には、『シャーク・サッカー』、『エアロ・シャーク』、『シャークラーケン』が既に存在している!発動条件は満たしている!」


ディープ・ジェム・シャーク (オリジナルカード)
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1600/守2000
このカードが墓地に存在し、このカード以外の『シャーク』と名の付くカードが三枚以上存在するとき、墓地に存在するこのカードと、自分フィールド上のカードを一枚除外して発動することができる。
デッキからカードを二枚ドローする。
『ディープ・ジェム・シャーク』の効果は、デュエル中に一度しか発動できない。


凌牙の墓地に眠る三枚のシャークモンスターが映像として浮かび上がり、光った!
その光は墓地に眠る宝石ザメを再び輝かし、凌牙のデッキを照らしだした!

バーナァ―11「ほう!!あのカードにそんな効果が!!」

凌牙30「俺は!お前に封じられた伏せカード一枚と、このカードを除外して、二枚ドロー!
…。」

凌牙は自分の引いたカードを無言で眺め、手札に加え二枚のカードを選んだ。

凌牙12「俺は、カードを二枚伏せて、ターンエンドだ!」

バーナァー21「守りの一手かい!凌牙君!!
わたしのターン!ドロー!
凌牙君の場にモンスターはいない!あとはその魔法罠だけ!
片方は封じさせてもらおうよ!凌牙君!
『雪月花美神』の効果を発動!
オーバーレイユニットを一つ使い、凌牙君のフィールド上の魔法罠カードを一枚、発動できなくする!
わたしは、わたしからみて左のカードを、発動できなくする!
『雪時雨』!!」

再び雪月花美神がオーバーレイユニットを一つ吸収し、光り輝いた、
再び桜の花びらのような雪が、凌牙の伏せカードの一枚を打ち抜いた!
…しかし、凌牙は笑った。

凌牙12「…残念だったな。
お前ははずれを選んだ!」

バーナァー21「何!?」

凌牙11「俺は、その効果の発動にチェーンして、トラップカード、『シャーク・バミューダ・トライアングル』を発動!!」

凌牙の宣言とともに、雪を振り落し伏せカードは表になった!

バーナァー21「何!?フリーチェーンのカードだったのか!?」


シャーク・バミューダ・トライアングル オリジナルカード
通常罠
自分の墓地、手札、除外されたカードの中にそれぞれ魚族レベル4以下のカードが存在するとき、それを一枚ずつお互いに確認することで発動できる。
お互いに確認したカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
『シャーク・バミューダ・トライアングル』はデュエル中に一度しか発動できない。


凌牙01「このカードは、俺の墓地、手札、除外ゾーンにレベル4以下の魚族モンスターカードが存在するとき、それを相手に見せて発動する!
俺の手札は一枚、『ゼンマイシャーク』!
そして墓地には大量のシャークモンスター!
除外されているのは、『ディープ・ジェム・シャーク』!
そこから魚族、レベル4以下のモンスターを一体ずつ選択して、俺のフィールド上に特殊召喚する!
現われよ!
『ディープ・ジェム・シャーク』!
『ビック・ジョーンズ』!
『ゼンマイ・シャーク』!」


ジェム「ジェジェジェジェ!」

ビック「ジョーンズズ!」

ゼンマイ「シャー!」 クルクル(ゼンマイが回る音)

凌牙のフィールドに三体の鮫モンスターが、現れ、壁となり凌牙を守った!

バーナァー21「一度に三体の『シャーク』モンスターを揃えただと!?
…ん?」

しかし、よく見ると三体のモンスターのうち、
『ディープ・ジェム・シャーク』
『ゼンマイ・シャーク』は守備表示でフィールド上に存在するのに、
なぜか『ビック・ジョーンズ』だけは攻撃表示で特殊召喚されていた!?
その様子を見て、バーナァーは笑った。

バーナァー21「ははははは!!
これは意外!なんという凡ミスなんだ凌牙君!
さっきからこんな単純なミスばかりしているね!
何故そのモンスターを攻撃表示で呼んでしまったんだい!
悪いが、そのわずかな隙はつかせてもらうよ!
バトル!
『雪月花美神』で、『ビック・ジョーンズ』を攻撃!
『雪月花乱れ切り』!」

雪月花美神は、ビック・ジョーンズを完膚なきまでに切り裂いた!
そしてその余波が、凌牙を襲った!

雪月花美神3500-ビック1800=1700
凌牙LP2600-1700=900

凌牙01「…ク!!」

凌牙は両腕を前に出し、なんとかその衝撃を耐えた。
が、ライフは一気に900まで減ってしまった。

バーナァー21「これで君のライフは残り900!!
さぁて、
どう反撃するのかな!!」

しかし、凌牙は笑っていた。

凌牙01「…この攻撃を、待っていたぜ!」

バーナァー21「何!?」

凌牙01「俺のターン、ドロー!!
…よし!
俺は、『ハンマー・シャーク』を召喚!!」

凌牙のフィールドに、再びシャークモンスターが現れた!
そして、フィールドにレベル4のモンスターが三体揃った!

ハンマー「シャー!!」

バーナァー21「レベル4のシャークモンスターが三体…!
来るか!」

凌牙01「俺は!レベル4の
『ディープ・ジェム・シャーク』、『ゼンマイシャーク』、『ハンマー・シャーク』をオーバーレイ!」

三体の鮫「「「シャアアアアアアアアアア!!!」」」

三体のシャークモンスターは光の渦を形成し、その光は巨大な爆発を起こした!

凌牙01「三体のモンスターで、オーバーレイネットワークを構築!
エクシーズ召喚!
最強最大の力を持つ深海の帝王!その牙で全てのものを噛み砕け!現れよ!
No.32!海咬龍シャーク・ドレイク!」。

No.32海咬龍シャーク・ドレイク
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2800/守2100
レベル4モンスター×3
このカードは、No.と名の付くモンスターとの戦闘以外では戦闘破壊されない。
1ターンに1度、このカードの攻撃によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
破壊したそのモンスターを相手フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は1000ポイントダウンする。
さらに、このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

ドレイク「シャアアアアア!!」

凌牙のフィールドに、真紅に染まった巨大な鮫が現れ、咆哮した!
バーナァーはその咆哮を全身に浴びた!

バーナァー21「攻撃力2800の強力なナンバーズ!
…だけど、それじゃあわたしの『雪月花美神』には届かない!」

凌牙01「これで終わりじゃないぜ!!」

バーナァー21「何!?」

凌牙01「俺は!自分自身のライフポイントが1000以下の時、『シャーク・ドレイク』一体で、カオスエクシーズチェンジ!」

そう宣言すると、シャークドレイクは再びスフィアモードに戻り、光の渦の中に飲み込まれていった!
バーナァー21「このカードを呼ぶために、あえて攻撃を誘ったというのか!
…これが、君のカオス化の力か!!
…なるほど。そういうことか。」

その光の渦から再び爆発が起き、その中から今度は白く輝くスフィアが現れた!
そのスフィアは展開し、今度は白く輝くシャープなデザインの巨大ザメが現れた!
バーナァーはその一連の流れから、ひと時も目を離さず凝視していた!

凌牙01「一体のモンスターで、オーバーレイネットワークを再構築!
カオスエクシーズチェンジ!!
現れよ!
『CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス』!!」

CNo.32 海咬龍シャークシャーク・ドレイク・バイス ※アニメ効果
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2800/守2100
水属性レベル4モンスター×4
このカードは、No.と名の付くモンスターとの戦闘以外では戦闘破壊されない。
このカードは自分フィールド上の「No.32 海咬龍シャーク・ドレイク」の上に
このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
自分のライフポイントが1000以下の場合、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分の墓地の『シャーク』と名の付くモンスター1体をゲームから除外して発動できる。
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
その攻撃力・守備力を自分のエンドフェイズ時までそのカードの攻撃力分下げる。

バーナァー21「…だが、凌牙君のモンスターの攻撃力は変わらない!」

凌牙01「それはどうかな?」

バーナァー21「何!?」

凌牙01「俺は『シャーク・ドレイク・バイス』の効果を発動する!
オーバーレイユニットを一つ取り除き、墓地のシャークと名の付くモンスターを一体除外することで、除外したモンスターの攻撃力分だけ、相手モンスター一体の攻撃力を下げる!
俺は、オーバーレイユニットを一つ取り除き、墓地の『シャーク・ドレイク』を除外して、お前の『雪月花美神』の攻撃力を2800ポイント下げる!!」

シャークドレイクバイスがオーバーレイユニットを一つ吸収し、、そこに『シャーク・ドレイク』の影が重なった!
そしてそこから光線が放たれ、その光線をうけた雪月花美神はみるみる弱っていった!

バーナァー21「そんな!?
雪月花美神!!」

雪月花美神3500-2800=700

凌牙01「バトル!
その強大で絶対なる牙で、虚ろな神をかみ砕け!!
『雪月花美神』に、攻撃ぃ!
『カオス・デプス・バイトォオオオオオオ』!!」

シャーク・ドレイク・バイスから、光の線が大量にはなたれ、それが一つ一つ雪月花美神をとらえた!そこにシャーク・ドレイク・バイスを模した光が、襲い掛かる!

バーナァー11「噛み砕かせない!!絶対に!
手札の『ガード・ヘッジ』を墓地に送ることで、この戦闘では破壊されず、エンドフェイズまで攻撃力は半分になる!」

ガード・ヘッジ ※OCG
効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻 0/守2100
自分フィールド上のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
エンドフェイズ時まで攻撃力は半分になる。

雪月花美神の影に、カード・ヘッジの影が重なり、シャーク・ドレイク・バイスの攻撃を耐えきった!

凌牙01「だがダメージは受けてもらう!
2100ポイントのダメージだ!」

しかし抑えきれないダメージが、バーナァーを襲った!

バーナァー11「ぬうううううううううううう!!!」

2800-雪月花700=2100
バーナァーLP2400-2100=300

何とかそのダメージを耐えきったバーナァーは、息を切らし方で呼吸しながら言った。

バーナァー11「…ハァ…ハァ…。
何とか凌いだ…。」

しかし、凌牙は笑った。

凌牙00「鮫は骨まで噛み砕く!
トラップカードオープン!
『ディメンション・シャーク・アサルト』!!」

バーナァー11「何ぃ!?」


ディメンション・シャーク・アサルト ※オリジナルカード
通常罠
『シャーク』と名の付くモンスターが攻撃したバトルフェイズに発動することができる。
除外されている『シャーク』と名の付くモンスターを一体選択し、自分フィールド上に特殊召喚することができる。

凌牙00「このカードは、『シャーク』と名の付くモンスターが攻撃をしたターン、
除外された『シャーク』モンスターを特殊召喚して、攻撃できる!
俺は、『シャーク・ドレイク』を特殊召喚する!」

凌牙の発動した罠が光り輝き、その光に呼応するように次元の壁を食い破り、シャーク・ドレイクが凌牙のフィールドに現れた!
次元の破片は、細かく、まるで雪のように、バーナァーと、雪月花美神に降り注いだ!
そして凌牙のフィールドには、
シャーク・ドレイク・バイス、
シャーク・ドレイクと、二体のモンスターが並び立った!

バーナァー11「『シャーク・ドレイク・バイス』と、『シャーク・ドレイク』が二体同時に並ぶだと!?」

凌牙00「ガード・ヘッジの効果はもう終わっている!
この一撃で終わりにしてやる!!
行けぇ!『シャーク・ドレイク』!
今度こそ、噛み砕けぇ!!
『デプス・バイトオオオオオオオオオオ』!!」

シャーク・ドレイクが放った光の鮫は、まっすぐ、ただ真っ直ぐに雪月花美神を襲い掛かった!

バーナァー10「ザヨゴォオオオオオオオオオオオ!!!
永続罠、『アストラルバリア』を発動する!」

その時、バーナァーは咆哮とともに最初のターンから伏せていたカードを、今発動した。

凌牙00「何ぃ!?そのカードは!?」

バーナァー10「相手モンスターの攻撃を、ダイレクトアタックとしてうけることができる!」

雪月花美神に向かっていた攻撃は、強制的に向きをかえ、バーナァーに向かって襲い掛かった!

バーナァー10「んぐううううううううううう!!!」

バーナァーLP300-2800=0
勝者:凌牙
決まり手:凌牙の『シャーク・ドレイク』の攻撃




シャーク・ドレイクの攻撃で吹き飛んだバーナァーは、砂浜の上で大の字で倒れていた。
凌牙はデュエルディスクをしまい、倒れているバーナァーに静かに歩み寄った。

バーナァー「…。ハハハハ、さすがだね。凌牙君。
強いね。」

凌牙「…なぜだ…。」

バーナァー「へ?」

凌牙「なぜ最後に、勝敗に関係ないトラップカードを発動したんだ!?」

その言葉に、バーナァーの表情に笑みが戻った。

バーナァー「…そうまでしても、守らなければいけない存在がある…からだよ。凌牙君。」

凌牙「…守らなければいけない…だと!?」

バーナァー「君ならわかると思うんだけどね…。よいしょっと。」

そこまで言うと、バーナァーは立ち上がり、凌牙に向き合った。

バーナァー「君をだますような真似をして悪かった。
…会いに行こう。君の妹、璃緒ちゃんに。」



…Part7に続く
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR