スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン】ポ ケ モ ン 映 画 君 に 決 め た の 感 想【感想】

この記事は、私が最近みたポケモン映画、君に決めたの感想をただずらずら書いていくだけの記事です。
観た前提で話します
(文字しかありません)

続きは↓から
私的には、去年のマギアナのが好きだが、この話はこの話で嫌いじゃない感じのよい映画だった。
誰が観ても楽しめる作品だと思う。それこそ、ポケモンを知らない人、小さい子から、ポケモンを知っている人でも楽しめる20周年にふさわしい、多くの人にとって入口の広い映画になっていたと思います。
映画のテーマは、ポケモンと人の関係、友達でいるためには ってことかな?
一番基本的な、アニメポケモンの根っこにある部分をテーマにした感じですかね?
映画主題歌は、まさかの 林 明日香さんの 『オラシオンのテーマ』
オラシオンは祈りという意味。林明日香さん自体は、あの超有名なジラーチのちいさいきものを歌った人。今作も前作の歌に負けないくらい力強く、心に響く歌声で歌ってくれています。気合入りまくりです。
もし迷っているようであれば、すぐに観に行くことをお勧めする映画です。

~~簡単なキャラクター紹介~~
・サトシ…今作の主役。映画次元の力を得て、アニメ次元とは別人の同じ性格の人物だと思ってくれるとわかりやすい。それでも、古参勢とすれば昔よりより単純で子供っぽさが少しなくなった印象はある。ポケモンに対して純粋で真直ぐな心と、ポケモンマスターになるっていう夢を持っている。
今作では、他の作品のように間接的闇落ちではなく、割と自分の心の弱さをもって闇落ちしかけてしまうが、それは年相応の思いや悩みであり、攻めるべきことではない。
虹色の羽を手に入れたことで、この映画での最終目的が決定する。
…タマムシ攻略の時点でバッジ3つとったっていってたけど、ニビかハナダかクチバすっ飛ばしたってことかな?

・ピカチュウ…今作のヒロイン+相棒ポジション。サトシと同じと思って結構。この次元ではビニール手袋で捕まれることはなかった。今作でひそかにボルテッカー復活を期待したが、そんなことはなかったぜ!
アニメでは4,5世代の時の配布を思い返せば、性格はやんちゃだったが、このこはがんばりやさんみたいだ。
相変わらず高速戦法を主体としてサトシのセンスについていくバトルをする。
今作ポッチャマ…と結構仲良くしている感じがする。
キャタピーを捕まえた時ピースサインをしてくれるのを期待したが、それはなかった。
ラスト付近でサトシとピカ様が意思疎通した結果聞こえた声には誰もが涙したはず。

・キャタピー→トランセル→バタフリー…まさかの映画出演。正直驚いたけど、凄く納得した。今作はキャタピーは一人で捕まえるでなく、ピカ様と協力して捕獲した。久しぶりに、キャタピー、トランセル、バタフリーの声をきけて正直うれしかった。非常にサトシになついており、それ故に別れは涙が出てくる。

・ヒトカゲ→リザード→リザードン…やはり来た映画出演。今作は映画の中でサトシの手持ちがテンポよく進化していくのが多い。特にリザードンに進化するシーンは文字通り燃えるはず。アニメ一作目と一緒でヒトカゲの出会いは一緒であり、飼い主に捨てられるところから始まる。今作は反抗期もなく、ずっと心優しく炎の子としてサトシの強力な手持ちとして映画の中で活躍する。
やっぱりリザードンは地球投げが…栄えるな!

・ホウオウ…祝 映 画 出 演!!
これで映画に出演してない伝説ではなくなった!
今作のキーポケモンであり、サトシ達の目標と化した。最初に羽一枚落とすだけで、ここまでお話が変わるとは…!
趣味は助けたいポケモンを助けることと、希望と思いにあふれた青少年少女トレーナーを探して羽を落とすこと。
…まぁ今までの伝説ポケモンたちが、映画の物語に人間的に関わりすぎてるだけで、普通に伝説や幻のポケモンって言ったら、これ位の存在が現実味あるよね

・マーシャドー…今年の山ちゃん枠。山ちゃんの新たな声の世界を見せつけられたキャラ。
山ちゃんはアパチャイ・ホパチャイだったのか…!?アパパパパパパパパパパパ!!!
なんかマーシャドーが悪いことしているような気もするが、マーシャドーはあくまで羽根の監視者ホウオウの犬であるだけで、羽根の持ち主の心が悪い事や心を持ちだしたらそれを吸収して発散しているだけ。ただそれが被害尋常なだけで…。ホウオウさんもうちょっと別のやり方でもよかったんやで
正直もっと別の悪い活躍をすると思っていたから、このぐらいの立ち位置で驚いた。
…つまり昨年の映画の悪役、ジャービスがもしホウオウの羽根を拾って使っていたら、最強のマーシャードが誕生していた・・・!?

マコト…♀。サトシと同じくらいの♀トレーナー。相棒はポッチャマ…。シンオウのフタバタウン(四世代の最初の村)出身。うろ覚えだが、お姉ちゃんがいるんだっけ?エンペ使いの。
母親と何かあったのか、あまり今作では表だたないが。実はポッチャマ以外にもラプラスも持っている。物語を進めるうえで非常によい立ち位置にいるキャラで、俗にいうカスミポジション。

ポッチャマ…マコトの相棒。声は四世代の人と同じ。何気にマコトが誇るだけあって、あの体型から考えられない水量のハイドロポンプや、凄い高速のドリルくちばし、巨大な渦潮等々、ポテンシャルはピカ様並にある。
ピカ様とじゃれ合ったりするシーンが可愛い。

ラプラス…完全なる乗り物要因。出てくる時ボールにマコトがキスをした。以上

ソウジ…俗にいうタケシポジション。いつも落ち着いている話し方でルカリオが相棒。彼もシンオウ出身だっけ?覚えきれなかった。
彼の旅の目的は、伝説ポケモンの調査。
口癖が「忠告していく」らしいが、あまりそこは印象に残っていない。
彼も料理スキルが半端じゃなく、途中でてきた料理が滅茶苦茶おいしそうで美味しいでお前本当に青少年か!?とおもってしまった。

ルカリオ…ソウジの相棒。相変わらずボーンラッシュがかっこよく、人型なので色々ソウジとサポートしてる姿が栄える。ルカリオは人と一緒にいるのがよく似合うキャラ

レントラー…ソウジの中で重要なポケモン。この話は本当涙が出てきたから映画館で観て。

クロス…最強厨。この年の子供がかかりやすい力こそパワーだ!という状態の子。故にホウオウに観察されたらしいが、羽根はもらえずそのことを根に持ちサトシに突っかかる。
ヒトカゲを捨てた張本人。けどそれに悪気は感じていない。相棒はガオガエン。と、ルガルガン夜。
恐らくアローラ出身なのだろう。リュウキとマブダチっぽそう。

ガオガエン…クロスの相棒その1。クロスが信じているだけあって、その実力はかなりのもの。ダメージを受けるほど強くなる猛火のバトルスタイルと、フィールドを縦横無尽に駆け巡り戦うその姿はまさにレスラー。火炎放射は股(ベルト)から出る。炎のキバのエフェクトかっこよすぎ。こんなにかっこいいとは思わなかったよガオガエン
だから威嚇ガオガエンはよ

ルガルガン夜…クロスの相棒その2。常にクロスの近くを歩いている。ルガルガン夜の強者感は異常。何気にクロスが捕まえた時思い入れがあるみたいだ。

ボンジイ…完全にラピュタのポム爺さんポジション。ホウオウ人生をかけており、サトシ達に力を終盤貸す。
髭位そってもいいとおもう。食べもの食べる時大変そう。

ジョーイさん…今年のしょこたん枠。しょこたん声本当に上手になってきたなぁ。

ムサシ・コジロウ・ニャース…出てくれて嬉しいロケット団。今作は、初期の悪そうな雰囲気も残しながら、明るい感じもある貴重な雰囲気。エンディングにはソーナンスもいるナンス!アーボックとマタドガスは尺がたりん。
アニメで最近聞けない、やな感じー!をきくと少しホッとする。

・シゲル・エリカ・キクコ…友情出演

・エンテイ…まさかの普通に出てきたシンオウ三犬の一頭。その圧倒的力でサトシ達を軽くあしらった。実は出てきた目的は、羽根に導かれてというもの。

・バタフリー(ピンク)…アニメと同じで♀でサトシのバタフリーの前に現る。可愛い。
なぜバタフリーこの色違いの色にしなかった…。

・アーボックさん…あのリザードンの首を絞めて拘束するシーンがある。強い。

・コイルさん…流石人気投票二位は違いますねぇ!





以降ネタバレ満載の感想および考察

・ボールとポケモンと人間
今回あまりアニメで触れてこなかった、ピカ様とボールの関係をしっかりかいてあり、結構嬉しかった。
特に最後にピカ様が喋った「一緒に…いたかった…!」は本当涙が止まらなくなりました…。
洞窟のシーンで、みんなが体冷やさないようにボールに戻りなさい、っていうシーンでみんな温めあうためにボールがから出てくるっていうシーンが、今回のポケモンのテーマを表しているのかなぁと思いました。
人とポケモンは、お互いに思いやることも、温め合うこともできるし、雨の中突き放すこともできる。あなたはどうする?って投げかけられてる気がしました。

・リメイクされたバイバイバタフリー
小さい頃、私はサトシとキャタピー、というかバタフリーの関係は好きでした。
サトシが自分一人の力で捕まえて、キャタピーが傷つきながらもロケット団追っ払ったり、トランセルもいやんいやんトランセルしながらもお互いに仲良くなってバタフリーになって眠りごなで止めるという、そしてバタフリーが最後涙しながらピンクのバタフリーと共に別れる…あれは当時ちっさい私でも、凄い心に残ったシーンです。
それが再び映画で出てきたのは、正直嬉しかったです。やっぱりキャタピーとピカチュウは仲が良く、ここ一番で頑張るキャタピーにも嬉しかったし、カイロスを追っ払うところになつかしさを感じたりよかったです。
そして今回観ていて一番驚いたのは、バタフリーとサトシの別れのシーンで、バタフリーが、サトシの後ろに隠れる行動をとったことです。後ろに隠れて、涙ためて顔を伏せたのです。
確か前はそんな感じじゃなかったはずなのに、今回はある意味サトシに決断をゆだねるような行動をとったのです。そしてそれをみて、サトシは、バタフリーに行ってこいというのです。
この関係、なんかすごい尊いですねぇ。バタフリーはサトシを思い目を伏せ、サトシはバタフリーを思って行けという、旅の中でお互いに仲が深まりこんな関係になるのが、本当尊いと思いました…。

・モノクロの、現実世界の学校世界
この映像は、正直ドキッとした。
サトシが、ある意味私たちが生きている世界に迷い込んで、そこで元の世界の面影をたどりながら心と向き合っていくのですが、怖かったですねぇ。
なんか、私たちの現実世界が暗く光がないような気がして…。けど普通の世界だって、色を付けていくのは自分自身なんだから自分で色を付けていかなくちゃしょうがないんですけどね…。それがわかっていても怖くなった私は、そういう人間なんでしょう…。

・ポケモンマスターについて
今まで実はみんなが気になってきた「ポケモントレーナーは意味が分かるけど、ポケモンマスターってどういう意味だ?」という事実にとうとうサトシ君が触れたことに驚いた。
うろ覚え→「ポケモンマスターっていうのは、ポケモントレーナーより、もっともっとすごいもの!」
確かこんな感じだった。つまり、サトシはただのポケモントレーナーになりたいわけでなく、それ以上の、存在になりたいと思った存在そのものが、「ポケモンマスター」っていうことなんでしょう…!
じゃあただのポケモントレーナー以上の存在って何なんだろう?
これはサトシを見て想像していけばいいだろう。
長くなるので要点だけいうと、『ポケモンと気持ちを通して、お互いにお互いを高め合う存在』であり『その上で誰よりも強い』事なんだろう。その思いが「ポケモンマスターになる」ということであり、その思いそのものが、この映画のテーマと直結してると思いました。

・エンディングの今までの仲間たち
今作のエンディングでは、歌に合わせてとあるシーンで、タケシ、カスミ、ハルカ等々のサトシと旅をしてきたメンバーがちょこちょこ顔を出すシーンがあるのだが、このシーンでなぜかみんなこっちを見た時、「え?」って顔をするんですよね。
ただ、その時、【気にぶら下がってこっちを見るアイリス】と、【帽子を拾ってもらったセレナ】だけは、こっちに笑顔を向けてくれるんですよね。これに、意味とかないんだろうけど、なんか意味がありそうで気になっちゃうんですよね…。
あとこれ、映画のイラストコンテストのちっさいこたちの発想の広さは流石だと思いますよね。ピカチュウの絵が今回のお題で、その後ろにサトシが抱くように書いてみたり、20周年の映画をみんな書いてみたり見どころの一つだと思います。



…とまぁ、色々思いながら楽しく観てました。
まぁもう一回落ち着いてみれば、今以上にいろんな発見ができる記念にふさわしいよい映画だと思います。
観てない人は今すぐ観に行こう。
とりあえず思ってることを全部文章にしてみてすっきりした。

ではララバイ!




~おまけ~
【映画館で私の後ろに座ったグンマーキッズ三人が面白かった件について】
映画館で私の後ろに座ってた群馬キッズ男子三人がいて、後ろからの声をきいていたんだけど、その子たちのやり取りが面白くて楽しかったです。その一部始終をご覧ください。

「おい、俺とマーシャドーだけでバトルしようぜ!はやくうけとれよ!」
~マーシャドー受け取ってバトル始まる~
「なにwこのくそげーw」
「先に動いた方がかつなこれww」
「マーシャドーの速さとかどうしたら早いやつが手に入るのかな?」
しばせんし「(…性格シンクロで粘って、個体値がよければいけるぜ…!)」

「お前はやくふぇすサークル入って!入って!」
しばせんし「(クイック通信いけるで…!)」

「映画たのしみだなぁ(*‘∀‘)」
「お前映画二回目だろ?」
「違うよ三回目だよ!」
しばせんし「(お!将来有望やなぁ)」

「ピカチュウカワイイイイイイイイイイ!!」(割と可愛いショタボイズ)
「「お前キモいなぁwww」」
しばせんし「(仲いいなお前ら)

「早くタイプ:ヌルレベルあげて進化させなきゃ(*‘ω‘ *)」
しばせんし「(懐き進化やで…)」

こういうポケモンで仲良く遊んでいる姿聞いていると、ほっこりするなぁと思いました。
あとどうでもいいですが、実写版銀魂とても面白いです。銀魂漫画好きだった人は絶対みて後悔しない素晴らしい出来に仕上がってると思います。特に小栗旬が鼻くそほじる作品なんて、これが最初で最後だと思います。

では本当にララバイ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばせんし

Author:しばせんし
↑の犬の飼い主が柴戦士
いーぬは喜びゆきかけまわりー



Hyper-和食見習い小僧の20代が、遊戯王、ポケモン、その他生活の雑談を上げていくブログです。(^O^)/
何か変なところがありましたら、いつでも書いてください。迷惑コメントは容赦なくスパム

現在遊戯王でよく使うデッキは、
・スクラップ
・EMオッドアイズ魔術師
・サイフレーム
・ブラマジ
               です(^O^)/


どうしたらスクラップの良さを残し戦えるかを考えています。
スカイプデュエルも、ツイッターか、コメントで相談してもらえればできる予定。

ポケモンは、とある人の動画をきっかけにやり始めました=^_^=
ウルガモスと、カメックスを
対戦でこよなく愛して使ってます。
いつか対戦実況動画とかとってみたいなとおもっていたら取れました。
ニコニコ対戦実況動画
ダブルバトルもできるよ!!…弱いけど
だけど第六世代になってから、色々と時間が足らない様子。

再現料理も、やりたい年頃。
こう見えても現役調理師なので、
料理スキルはあるはず。
何かしてほしい再現料理がありましたら、コメントお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。